自分のことは自分で決める。いいなりの人生はやめろ!

成功するために
  • 親が勉強しろとうるさいからとにかく勉強する
  • みんなが高校へ進学するからとりあえず自分も進学する
  • 就職が1番、安心だからと言うのでとりあえず就職してみる

 

これが世の中のほとんどの人が正しいと思っている生き方です。

 

何もわからない幼少期から、このような生き方を選択させられるので、

よほど意志が強い人でないかぎりは流されて生きてしまいます。

 

もしかするとあなたも、今日までは上記のような生き方をしてきたかもしれません。

 

でも「何かが違う」と思ったからこそ、このページにたどりついたのではないでしょうか?

 

そんなあなたにまずお伝えしておきたいことがあります。

 

世の中の教育のほとんどは洗脳だらけです。

 

あなたがもし、今までの自分の人生に疑問を持っておられるなら、

このページを最後まで読みすすめてください。

自分のことは自分で決めてきたか?

僕もそうでしたが、今までの人生を振りかえってみると、

自分で決めてきたようで実は決められてきたことばかりだと思うのです。

 

たとえば高校受験などであれば、確かにいく高校などは自分でえらんだ高校かもしれません。

(たまに親に決められた高校へ進学してしまう人もいますが)

 

でも、「自分の意志で高校へ進学した」、という人はあまりいないのではないでしょうか?

 

というのは、とにかくみんなが高校へいくから自分もいっておこうなどの理由で、

高校へ進学した人がほとんどなのではないか?

ということですね。

 

とくに日本は同調圧力がつよいですから、自分だけ高校へいかないとなると、

まわりからはまるで人生の負け組みたいな目で見られるというおかしな風潮があります。

 

高校へ進学することじたいはまわりに流されて選択したこと、

つまり決めさせられたことです。

 

その決めさせられたことのなかから、いく高校だけは自分で決めたという感じだと思います。

 

そのあとも決めさせられた人生の連続です。

 

自分が就職する会社や職種などは、確かに自分で選択した仕事かもしれません。

 

でも、就職する以外の選択肢はあったでしょうか?

 

おそらくありませんよね?

 

これも先ほどの高校受験の話と同じで、

就職することは無意識のうちにまわりに決めさせられたことで、

そのなかから自分がやる職種を決めただけですね。

 

現状になんの疑問も持たずに流されるがままに生きていると一生、

決めさせられただけの人生を歩んでいくことになりかねません。

 

それは学校教育のゴールが就職することのみになっているので当然の話です。

 

 

これまでの自分の生き方を振りかえってみて、本当に自分の意志で決めてきたのか?

 

この質問を自分自身に投げかけてみることが、あなたの今後の人生を大きくかえていくでしょう。

ほとんどの人はいいなりの人生を生きている

いいなりの人生とは、たとえば、

夢があるのに親に反対されたという理由であきらめることや、

まわりの目を気にして行動できなかったりといったところですね。

 

さらに幼少期のころからいわれ続けたことなどは、

僕たちの潜在意識に深く根付いてしまっているので、

ここも注意したいところです。

 

あなたがもし、「自分はこういう人間なんだ」などといった自分にたいして持っているイメージは、

幼少期のころに親や教師やまわりの人間からの影響がつよいのかもしれません。

 

この潜在意識というのは、僕たちの人生を左右するものすごいパワーをもっているので、

これを塗りかえなければ成功することは困難といっても過言ではありません。

 

たとえば幼少期のころから、

「お前はたいしたことないんだから、黙ってふつうの人生を歩いていきなさい」などといわれ続ければ、

その人の潜在意識に深く残り、おとなしくサラリーマン人生を歩んでいくことになるでしょう。

 

本当は何かのとんでもない才能があったかもしれないのに、です。

 

このように僕たちは物心がつき始めたころから、

いい学校へいって就職することが正解なんだよ

と、徹底的に教えこまれてきました。

 

そのため多くの人の潜在意識には、

「就職することが正解で安心な道なんだな」という考えが根付いているのです。

 

サラリーマンやOLが大半を占める世の中を冷静に見てみるとあきらかです。

 

なので、僕たちは就職することを自分で決めたのではなく、

親や教師からの教育によって決めさせられただけだったのです。

 

これがいいなりの人生の正体ですね。

他人のアドバイスを鵜吞みにしてはいけない

ここまでは、

僕たちは今まで自分のことを自分で決めてきたようで実は決めさせられてきただけであるということ、

そして多くの人はいいなりの人生を生きているという真実をあきらかにしてきました。

 

「自分のことは自分で決める」なんてのは当たり前のことのようなのに、

それが今まではできていなかったなんて、おかしな話ですね。

 

ですが決して僕やあなたが悪いわけではなく、

就職するための教育しかしていない国がおかしいのです。

 

国の教育に流されてばかりだと、あとから後悔してしまう結果になりかねないので、

しっかりと自分で決断したいものです。

 

自分で決断しようと思っても、なかなか決断することができずまわりに相談することもあるかと思います。

 

確かに信頼している人に相談はしたくなってしまうかもしれませんが、

その場合はアドバイスを鵜吞みにせずに、あくまで参考程度としてとらえることが重要です。

 

とくに親や友人などがしてくるアドバイスなんてのはなるべく安定した道、

つまり常識的なルートをすすめてくる可能性がたかいからです。

 

そのルートというのは、サラリーマンとして安定した給料をもらいながら出世を目指すという、

王道とされる生き方ですね。

 

正直このようなアドバイスをされても、あまり参考にならないと思いますし、

むしろこんな一般的な生き方をしている人には相談しないことがおすすめです。

 

たとえば、あなたが起業したい場合、

サラリーマンの人に「起業したいんです!」と相談したところで、かえってくる答えなんて、

なんとなく想像がつきますよね?

 

  • キミにはムリだよ
  • サラリーマンのほうが安心だって
  • どうせ失敗するからさ

 

こんな答えしかかえってこないでしょう。

 

これを鵜吞みにしてしまって起業をあきらめるなら、また決めさせられた人生になってしまいますよね?

 

そしてまた数年後に後悔してしまう、というのがオチです。

 

やっぱりアドバイスをいただくなら、あなたが理想とする道ですでに成功している人に相談するのが1番です。

 

高卒の人に「東大に合格するにはどうすればいいですか?」、なんて相談しますか?

しませんよね?

 

つまりはそういうことです。

 

なので起業したいとしたら、

すでに起業を成功させた人にアドバイスをいただくのが1番、効果的ということです。

 

「身近な人に起業した人なんていないし・・・」という人がほとんどだと思いますが、

今はインターネットでどこからでも情報が手に入る、そんな時代です。

 

いずれにしても、手に入れた情報でも人からもらったアドバイスでも、

自分の頭で整理できなければ結局はまた流された決断をしてしまうということですね。

これからは「自分のことは自分で決める」人生にしよう

ここまで読みすすめることができる優秀なあなたなら、

もう流された決断をしてしまう人生にはならないと、そう信じています。

 

せっかく日本という自由な国に生まれたのですから生き方も考え方も、

もっと自由でいいと思うのです。

 

みんなとおなじスーツをきて大手企業への就職をねらったり、

世の中の9割の人がみんなと似たような生き方をしてしまっているのは就職こそが安心という

ただ洗脳されてきたからにすぎません。

 

実はこんなにも多くの人が似た生き方をしてしまっているのは、日本くらいなものらしいんです。

 

僕も初めて聞いたときは驚きましたが、

海外ではもう3人に1人がフリーランスという自由な働き方をしていたり、

学校を卒業してもすぐに就職しない人も多数いたりと自由なんです。

 

どうやら世界のいろんな国を見てみると、

日本がどれだけ生きづらいルールに縛られているかがお分かりになると思います。

 

こんな小さい国のルールに従っていても、

死ぬまで働くといったサラリーマン人生がまっているだけです。

 

もう僕たちは自分のことは自分で決める。

いいなりの人生は、もう今日でおわりにしませんか?

 

正しいことを教えてくれるのは、あなたの直感だけです。

 

他人に責任なんかを押しつけず、もはや自己責任で行動や決断をしていきましょう。

 

僕たちにはもっと自由に生きていっていいんです。

 

以下も合わせてどうぞ。

脱サラするための方法が10日でわかる無料メール講座

3000円相当の書籍が特典として無料で読めます。

書籍の無料配布は予告なく終了する場合がありますので興味があればお早めに。