【夢を見つける】なら職業を考えたらいけません

成功するために

このページをかいている僕自身も、夢を見つけるまでに27年もかかってしまいました。

 

やっとの思いで見つけた夢、

 

それは、

 

死ぬまでずっと自由に生きていくことです。

 

あなたからこんな声が聞こえてきました。

 

  • そんなの夢とは言えないだろ!
  • え、職業じゃないじゃん?

 

過去の僕が夢を見つけられなかった最大の原因は、職業で夢を決めようとしていたからでした。

 

いまになって思うのは、夢を見つけるのに、職業で考えたら人生の迷子になってしまうということ。

 

とはいえ仕事はしなければ生きていけませんから何かしらの職業は見つけなければいけません。

 

あなたが夢を見つけたり、やりたいことで自分らしく生きていくためにも、

このページを最後まで読みすすめてください。

あなたの夢が見つからない理由

多くの人は、将来の夢=職業だと思っています。

 

でも、これは親や教師からによる洗脳でしかありません。

 

考えてみてください。

 

何も、「将来なりたい職業は?」ではなく、あくまで「将来の夢」です。

 

それなのに、たとえば小学生などに、「将来の夢を教えてください」と聞けば、

  • プロ野球選手になりたいです!
  • 警察官!
  • お医者さん!

 

・・・このように、職業を答えてしまう子どもたちが多いと思いませんか?

 

しかも親がいかにも喜びそうな職業ばかりをですね。

 

つまり僕たちは幼少期から、「世間体のいい仕事をしなさい!」と徹底的に教育されてきました。

 

真っ白な価値観だった幼いころの僕たちは、そんな影響で、

夢を見つける=やりたい仕事を見つけるというイメージを植えつけられたのです。

 

あなたが夢を見つけることができない原因、

それは「やりたい職業を見つけようとしているから」の可能性がたかいと思われます。

 

冒頭でお話したように過去の僕がそうでした。

 

そもそも、やりたい仕事なんてこの世にあるはずがありません。

 

「休みなしで月給も10万でいいから、この仕事がしたい」なんてありえませんよね?

 

僕は仕事なんて、生活するための手段だと思っています。

 

その意味でも、夢を見つけるためには、職業で考えてはいけないのです。

 

夢=職業という固定概念によって縛られていると、夢を見つけることはできません。

 

つまり、本当にやりたいことや、夢も分からず人生の迷子になったまま年をかさねることになります。

夢を見つけるには時間がかかる

繰り返しますが、僕も本当の自分が望む夢を見つけるまで、27年もかかってしまいました。

 

このページを読んでくださっているあなたが学生だったとしても、社会人だったとしても、

夢を見つけれないのは、あなたのせいではありません。

 

先ほどもお話したように、

「将来の夢=やりたい仕事」という価値観を子どもたちに、まるで洗脳するかのように教える国が悪いんです。

 

そして、その国からの洗脳だということに気がつかない親もそうです。

 

たとえば、

「大好きなことを一生やっていく」とか、「のんびり生きていく」だって立派な夢なんです。

 

でも、それを親や教師にいったら、「そんなの夢じゃない!職業よ!職業!」と怒られますよね?

 

このように長年にわたって染みついた価値観を変えるには、時間がかかるんです。

 

社会に出て、いろいろな価値観の人や、いろいろな生き方をしている人に出会って、

そしてようやく自分の夢を見つけることができるのだと、個人的には考えています。

【要注意】親や教師はドリームキラーでしかない

あなたが今日まで夢を見つけれなかった原因、それは親と教師。

 

言い方を変えると、親や教師はドリームキラーなんです。

 

つまり本当のあなたが望む人生の邪魔をしてくるということ。

 

本来なら夢を叶えるためのサポートをしてくれるはずの親や教師なのに、なぜか不思議ですよね?

 

まず親と教師が、僕たちにすすめてくる人生というのは、

「めちゃくちゃ常識的な将来を目指すこと」です。

 

日本の教育では以下のような生き方が絶対的に正しいとされています。

  • 勉強をがんばって、いい成績をとる
  • いい大学にいく
  • 公務員などの安定した給料がもらえる仕事をする
  • 40年くらい働いたら、その後は年金生活

 

つまり劇的な人生ではなく、安定した人生を歩んでいけというような教育。

 

ここで重要なことをお伝えします。

 

安定とは、退屈な人生と引き換えで手に入ります。

 

同じ毎日を40年以上も繰り返すなんて退屈すぎますよね?

 

こんな退屈を目指すような教育をされて、夢を見つけるなんてできるはずがありません。

 

つまり親と教師が望んでいるのは、あなたが夢を叶える山あり谷ありの人生ではなく、

少しの波もたてずに生きていく安定した人生なんです。

 

「どうせ失敗して傷つくなら・・・」という気持ちからでしょうか?

 

夢というのは、そんな退屈な人生を目指すものではないと思います。

 

その意味では、僕たちが考える夢と、親と教師が考えている夢は、根本的に違うんです。

 

もし、夢が見つかったならドリームキラーには相談しない方がいいかもしれませんね。

 

自分の夢は、自分で責任をもちましょう。

夢を見つけるカンタンな方法

本当の自分はどんな生き方がしたいのか?

 

常識を捨てて考えてみましょう。

 

もちろん、ここまでお伝えしてきたように職業なんて考える必要はありません。

 

  • 自分の人生には仕事が1番なのか?
  • 仕事ばかりの毎日を過ごしたいのか?
  • 生理的に受け付けない人と今後も付きあっていきたいのか?
  • 他人をお金持ちにするために生きているのか?
  • 安定した人生でいいのか?

 

要は、やりたくないことを炙りだすと、

本当にやりたいことや、本当の夢を見つけることがしやすくなります。

 

意外にも、仕事を抜きにして考えたら、カンタンだと思いませんか?

 

難しくしていたのは僕たちだったようです。

 

僕は他人をお金持ちにするために、朝から晩まで働く人生なんて本気でイヤでしたし、

僕にとって仕事は夢を叶えるための手段だったと気づきました。

 

人間は、本来なら自由な生き物です。

 

つまり、「会社に縛られるなんてイヤ、自由に生きていきたい」と考えるのが自然な姿なのです。

 

その自然な姿、思考が、僕に夢を見つけさせてくれました。

やりたいことが見つかったら、まずは行動&経験

やりたくないことから逆算して、本当の自分の生き方が見つかったなら、

そのための手段として仕事をさがすことが重要です。

 

僕が、「夢を見つけるなら職業は考えちゃいけない」と言った意味が分かっていただけたと思います。

 

先に職業を決めてしまって、それで生き方が振りまわされてしまうなら、夢を見つけることなんてできないのですね。

 

その意味では、多くの人は順番が逆だと思います。

 

 

夢が見つかったなら、まずは行動してみましょう。

 

どんな行動をすればいいのか?

 

それは、あなたが理想とする生き方を、すでにしている人の話を聞いてみること。

 

いまはインターネットで、世界中の成功者たちの話が聞ける時代です。

 

もしくは本などでも、考え方などを学ぶこともできますね?

 

  • その生き方はどうやって実現したのか?
  • ゴールまではどんな苦労があったか?
  • どんな心構えでチャレンジすればいいのか?

 

これを徹底的に学ぶことです。

 

そして手段の内容が分かったら、後はひたすら経験をふむだけですね。

 

経験することで知識や自信もどんどんついていきますし、少しずつ理想とする人生に近づいていくはずです。

 

そうなったら、もう人生の迷子になることはありません。

まだ、夢が見つからないなら?いろいろなことを経験しよう

ここまで真剣に読みすすめていただいて、

 

「それでも、そんなすぐに夢は見つからないよ」という人もいるかもしれません。

 

でも、まったく問題ありません。

 

それは先ほどもお話したように、夢を見つけるには時間がかかりますし、

「将来の夢=やりたい仕事」という長年にわたっての価値観に、

たったいま少し触れただけの価値観が勝てるはずがないのです。

 

では、どうすればいいのか?

 

まずはいろいろなことを経験してみましょう。

 

そして、たくさん失敗してやりたくないことを炙り出しましょう。

 

失敗することで、データがとれますよね?

 

たとえば、接客業をやってみて、「自分には合わない」と思ったなら、

やりたくないことの1つに、「接客業」が入りますね?

 

サラリーマン生活をしてみて、「チームプレーより個人プレーの方が向いている」と思ったら、

「自分はサラリーマンにはなりたくない」というデータがとれます。

 

そうして1歩ずつすすむことで、夢は見つかるものです。

夢が【自由に生きること】なら

結局は誰でも、社会的な地位とかはどうでもよくて、「自分らしく自由に生きていきたい」だけなのだと思います。

 

それがいつの間にか、「他人からどう見られるか?」を気にして生きてしまっているのです。

 

そんなものが常識だなんておかしいと思いませんか?

 

それぞれの人生なのに。

 

 

でも、夢を見つける1番のコツは常識を捨てて考えることです。

 

僕はまわりからどう思われようが死ぬまで、これからもずっと自由に生きていくつもりです。

 

それが人間の本来の姿です。

 

やっとの思いで見つけた夢を、実現させてくれる可能性が1番あったのが、アフィリエイトでした。

 

僕たちのような一般人が自由に生きるための手段は、アフィリエイトだけだと思います。

 

もう常識に縛られる人生は終わりにして、

見つけた夢が、「自由がほしい」というなら、断然アフィリエイトがおすすめです。

大事なことは、君の頭の中に巣くっている常識という理性を綺麗さっぱり捨てることだ。

もっともらしい考えの中に新しい問題の解決の糸口はない。

トーマス・エジソン(アメリカの発明家)

 

アフィリエイトは無料メール講座の4日目で詳しくお話しています。

 

今だけ3000円相当の電子書籍を無料プレゼント中です。

 

いつまで無料でお渡しできるか分からないので興味があればお早めに。