【世の中は嘘だらけ】その中で信じるべきものは1つだけ

三上の思ったことや価値観をありのままに
  • 親のいう通りに生きてきたけど、人生うまくいかない・・・
  • 先生の言葉を信じたけど、それが失敗だった気がする。
  • 上司がいうことなんて信用できない・・・

 

僕たちは生まれたときは真っ白な価値観だったはずです。

 

そして僕たちを取りまく大人たちによって、価値観や人格が形成されていきます。

 

その意味では、誰だって1度はまわりの大人たちの言いなりで生きてきたのかもしれません。

 

でも、言われた通りに生きてきたのに、なぜか人生に満足できない。

 

「きっと幸せがやってくる」と信じていたけれど、いつまでたってもやってこない・・・

 

そんなときに、思わず出てきそうな言葉。

 

世の中、嘘だらけだ!

 

幼少期から信じこまされてきたことで大人になってから、「それは嘘だったんだ」と気づくこともあると思います。

 

 

・・・ということは、

僕たちがこれまで以下の、「正しい」と信じてきた人生も、実は嘘だったのかもしれません。

 

  • いい成績をとるために勉強をがんばる
  • いい大学に行く
  • 安定した会社に就職して40年以上は働く
  • 老後は国から年金をもらって自由に暮らす

 

あなたが、「世の中は嘘だらけだ」とこのような常識とされる生き方に疑問をもたれているなら、このページを最後まで読みすすめてください。

【恐ろしい】世の中の仕組み

あなたも、「弱肉強食」という言葉をご存知ですね?

 

弱肉強食とはその名の通り、弱い者は肉となり強いものに食べられるということ。

 

動物の世界は、そのような仕組みになっており強い者だけが生き残れる。

 

そういう世界です。

 

でも、そんなのは動物の世界だけでしょ?と思っていませんか?

 

 

実はそれが大きな勘違いなのですね。

 

弱肉強食とは、人間の世界でもいえることです。

 

つまりは世の中の強者が、弱い人にたいして嘘だらけの言葉をならべたてることで、

豊かになっているんです。

 

たとえば、その世の中の強者とは、

  • 政府
  • 教祖
  • 経営者

 

ほんの一部かもしれませんが、これらが世の中の強者ですね。

 

それにたいして弱い者とは、

  • 庶民
  • 信者
  • 従業員

 

かんのいい人なら気づかれたかもしれませんが、

政府は庶民を、教祖は信者を、経営者は従業員を肉として食べることで豊かな生活をおくっていることがお分かりだと思います。

 

そのためには嘘だらけの言葉を、「それが真実」だと思いこまさなければなりませんね。

 

それは世の中の弱い者にとって、いかにもおいしそうな話ばかりすることです。

 

たとえば会社の従業員を肉とするなら、

「キミには期待してるよ、次の仕事の結果次第では昇給も考えるから。」

 

あなたがサラリーマンの人であれば嘘だらけの言葉として、聞いたことがあるかもしれません。

 

この言葉の本音としては、「キミが働くほど、その分だけ私が楽して稼ぐことができる」でしかありません。

 

このように人間の世界でも、強者が弱い者を肉として食べることで豊かになっている。

 

そのために嘘だらけの言葉をならべたてている。

 

それが世の中の恐ろしい仕組みだったのです。

【要注意】世の中は人々を洗脳することで成り立っている

たとえば以下が、世の中の95%の人たちが正しいと思っていることです。

  • いい大学へいけば人生は安泰
  • 朝から晩まで働くことが美しい
  • 一部の人しかお金持ちになれない
  • 起業はリスクしかない
  • サラリーマンこそ安心であり安定した人生
  • コツコツと貯金することがかしこいお金の貯め方
  • 苦労した人がえらい

 

僕たちは1人1人、顔や性格も違います。

 

95%の人たちが、同じ顔で同じ性格だなんて、そんなのありえませんよね?

 

そんな中で世の中のほとんどの人たちが、同じことを正しいと思っているのは、

洗脳以外の言葉がないと思います。

 

上記のことを正しいと思ってしまっているなら、つまりは大きなチャレンジをしずらいはずです。

 

大きなチャレンジというのは、たとえば起業するなどですね。

 

でも多くの人たちは、「起業はリスクがたかい」と思っていますし、

さらに日本では、「失敗は恥ずかしいこと」という風潮があります。

 

その意味でも、選択肢はサラリーマンにしぼられてしまうと思います。

 

世の中がイヤイヤ働くサラリーマンばかりなのは一部の権力者たちが、

嘘だらけの言葉で僕たちを洗脳させているからこそだったのです。

 

つまり国のトップからしてみれば、僕たち一般人のことなんか、

「税金をしぼりとるためのコマ」としてしか考えていないわけです。

 

一般人からの税金で経済がまわっている、という意味でも、

そのためには人々を洗脳しなければ世の中は成り立たないのです。

 

他にも、テレビなどのメディアも洗脳するための要素がたくさんあります。

 

たとえば過去に、「いまの時代は大卒でも仕事がない」という庶民に恐怖を与えるニュースなどがよく流れていました。

 

それを見た庶民はどう感じるか?

 

こんな嘘だらけの言葉を信じこみ、「大卒でも仕事がないなら、せめて大学には行かなきゃ!」と思い、必死に勉強するわけですね。

 

そして奨学金を借りてまでも、大学へ行こうとする人もいると思います。

 

実はこれも世の中を洗脳するための嘘であり、国からの罠でしかありません。

 

実際のところ大卒だろうと高卒だろうと、仕事なんて選ばなければたくさんあります。

 

つまり国としては奨学金を返済しながら働く、大卒のサラリーマンを量産したいわけです。

 

これらはほんの一例ですが基本的にテレビで放送されているものも、

世の中の庶民を洗脳するための嘘である場合が多いと覚えておいて損はありません。

嘘だらけの言葉に騙されるな

ここまでは、恐ろしい世の中の仕組み。

 

そして世の中は嘘だらけの言葉で、庶民を洗脳することで成り立っている、ということをお伝えしました。

 

そんな洗脳された人ばかりで溢れるこの世の中には、危険がたくさんあります。

 

それはあなたを、間違った方向にすすめさせてしまう人が、まわりにいるかもしれないということ。

 

意外にも親や教師、上司などの身近にいる人たちがそうです。

 

とくにあなたが大きなことにチャレンジしようとしたとき、ほとんどの場合は反対されると思います。

 

「そんなのお前にはムリだって」や、「黙って現状を維持していた方がいいって」、などですね。

 

でも、なんとなくお分かりかもしれませんが、他人のこんな言葉は本当に嘘だらけです。

 

「自分より長く生きている人の話はちゃんと聞け!」とはよく言われたものですが、

長く生きているからといって絶対に正しいとは限らないのです。

 

それは1回しかない人生で、世の中のすべての物事を経験するのは不可能ですし、

経験できるのはほんの一握りの世界でしかありませんよね?

 

その意味でも、本当に世の中の本質を理解している人は、

「自分の価値観なんて、広い世界の中での一握りでしかない」ということを知っています。

 

だからこそ他人の夢には口出しできないはずなのです。

 

その中で、平気であなたの夢や価値観を一方的に否定してくる人たちの言葉なんて嘘だらけなんです。

 

実際には、自分でやってみなければ分からないことばかりです。

 

たとえ失敗したとしても、やらずに後悔するよりもずっとスッキリするはず。

 

そんな世の中によって洗脳された人たちの嘘だらけの言葉に騙されないように、

身につけておくべきものがあります。

世の中に騙されないために身につけておくべきもの

とはいえ、現代はとくにさまざまなところから情報が受け取れてしまう時代です。

 

少し前であれば、テレビや新聞などがほとんどだったと思います。

 

でもいまは1人1台スマホをもつことが当たり前となりました。

 

つまり、いつどこにいても、嘘か本当か分からない情報が手に入るということです。

 

そんなまるで情報をシャワーのように浴びてしまう世の中では、

「何を信じるべきか?」がますます分からなくなるときがあると思います。

 

では、嘘だらけの世の中に騙されないためにはどうすればいいのか?

 

 

・・・それは自分の信念をしっかりと持つことだと、個人的には信じています。

 

ちょっとの話でカンタンには曲げることのない、あなただけの信念です。

 

逆に信用していない人の話を聞いただけで、価値観がコロコロ変わるとしたら、

それは信念をもっていない証拠だと思います。

 

たとえば僕の信念は、会社に縛られずに自由に生きていくことです。

 

働きたいときだけ適度に働いて、休みたいときに好きなだけ休む。

 

そして気が向いたときにやりたいことをやる。

 

そういった自由な生き方こそが、人間の本来の姿であると考えているからです。

 

でも、世の中になんの疑いもなく過ごしていると、「自由」という言葉には程遠いと思います。

 

「権力者によって動かされている」というのが、よく分かりますね。

 

考えてみてください。

 

自分だけの1回しかない人生なのに、世の中に洗脳され、嘘だらけの言葉に騙されて生きていって、

年をとってから、「もっと自分の思った通りにしてればよかった」と、後悔するなんて悲しすぎると思いませんか?

 

そうならないためにもなるべく早く、自分だけの信念を見つけることが重要なんです。

 

それが唯一、嘘だらけの世の中で自分らしく生きていくことができる方法だと思います。

嘘だらけな世の中で何を信じるか

「知らぬが仏」というように、確かに世の中では知らない方がいいこともあるかもしれません。

 

でも、いつまでも疑いすら持たずに流されるがままに生きていると、

やがて洗脳されて生きていくことになってしまいます。

 

では、そんな嘘だらけの世の中で信じるべきものは何か?

 

ここまで読みすすめられる思慮深いあなたなら、もうお分かりかと思います。

 

それはあなた自身が直感的に思ったこと、それがあなたにとっての真実なのです。

 

世の中の仕組みとか、他人の意見など関係ないのです。

 

もしあなたが、「働きたくない、自由に生きたい」と思ったならそれが真実であり、

「サラリーマンとして生きる人生でもいい」と思われたなら、それだって真実なのです。

 

繰り返しますが重要なのは、「自分の信念に基づいて生きているか?」という点だけです。

 

間違っても他人に流されて信念を変えたり、世の中の嘘に騙されて生きるということはするべきではありません。

 

その意味でも自分の信念がない人は、これからさらに世の中に洗脳され、

嘘だらけの言葉に動かされて生きていくことになるでしょう。

 

それこそが国の狙いであり、世の中の仕組みです。

信念は人を強くする。疑いは活力を麻痺させる。信念は力である。

フレデリック・ロバートソン(スコットランド出身の数学者)

こちらも合わせてどうぞ。

 

アフィリエイトで脱サラし自由を目指す無料メール講座。

 

今だけ3000円相当の電子書籍を無料でプレゼントしてます。

 

いつまで無料でお渡しできるか分からないので興味があればお早めに。