【貯金しても貧乏の始まりです】賢いのは貯金ではなく〇〇

正しいお金の知識

貯金をがんばるのは貧乏の始まりです。

 

お金持ちになりたいなら、生活費を切り詰め、節約して、

「少しでも通帳にお金を入れておこう」と思っていませんか?

 

事実として、それは貧乏にしかなれません。

 

サラリーマンの月収は20~30万が相場ですね。

 

その中から、

  • 家賃or住宅ローン
  • 光熱費
  • 生活費
  • 車のローン
  • ガソリン代
  • 保険代
  • スマホ代
  • 養育費(子供がいる場合)

 

これらを支払ったら、手元にはいくらお金が残るでしょうか?

 

おそらく2~3万くらいだと思いますが、

上記には、趣味につかうためのお金は含まれていません。

 

ということは、趣味などのやりたいことを我慢して、

会社と家をひたすら往復するだけの生活で、

ようやく2~3万ほど貯金にまわせるということになります。

 

だとしたら1年で貯金できる金額は24~36万なわけです。

 

「塵も積もれば山となる」かもしれませんが、

たとえば友人の結婚式だったり、どうしても断れない飲み会など、

予定外の出費はたくさんあると思います。

 

そう考えると貯金は、ほぼできないと言っても過言ではありませんね。

 

だからこそ、「貯金をがんばろう」と決断したなら、

それは貧乏生活のスタートなのです。

 

あなたが「そんな貧乏生活なんてイヤ」と思われるなら、

このページを最後まで読みすすめてください。

お金が貯まらない3つの理由

貯金しようとがんばっているはずなのに、なぜか貧乏なっている気がする・・・

 

世の中の大半がそのような悩みを抱えている人です。

 

なぜ、お金が貯まらないのか?

 

考えられるのはこの3つの理由です。

  1. サラリーマンであること
  2. 負債が多い
  3. お金を浪費にしか使っていない

 

1つずつ掘り下げていきますね。

 

1 サラリーマンであること

先ほどもお話したように、サラリーマンの月収は20~30万が相場です。

 

つまりこれは1か月をなんとか食いつなげる金額なのです。

 

「生活するのでやっと・・・」なら貯金ができずに貧乏になるのは当然ですね。

 

サラリーマンが世の中の9割を占めているわけですが、

これは何もサラリーマンが悪いわけではなく、「就職が人生のミッション」という、

教育しかしない、国に問題があるのです。(あとで詳しくお話しますね。)

 

もう、なんとなくお分かりかもしれませんが、

サラリーマンで貯金をがんばろうと思っている以上は、

貧乏生活から抜け出すのは不可能だと思います。

 

確かに給料が上がることはありますが、30代、40代になってくると、

「結婚」などで独身のときよりお金がかかってきます。

 

つまり収入が増えても、それと同時に支出も増えていくなら、

貯金できる金額は独身時代と変わらないでしょう。

2 負債が多い

負債とは、たとえば住宅ローンや、車のローンなどですね。

 

「住宅は資産になる」と思って若いうちにマイホームを購入する人は多いですが、

これはとんだ勘違いです。

 

資産とは、僕たちのポケットにお金を連れてきてくれるものを指します。

 

その意味だと住宅ローンは、逆に僕たちのポケットからお金を抜きとるだけです。

 

35年後・・・やっと支払いを終えたころには、

ほとんど価値のないものに下がっているでしょう。

 

車も同じで年数とともに、価値はどんどん下がる一方です。

 

そもそも月収20~30万で、

35年ローンを組んで住宅を購入することじたいが無謀だと思いませんか?

 

これでは老人になるまで、

「今月の支払いのために朝から晩まで働く」貧乏生活から脱出することは夢のまた夢です。

 

このように毎月、決まった金額をポケットから抜きとられる、

「負債」があるなら、サラリーマンの給料で貯金は難しいでしょう。

3 お金を浪費にしか使っていない

独身で実家暮らし、車のローンなどの負債もない。

 

それでも貯金ができずに、なぜか貧乏の人がいます。

 

それはお金を、「浪費」しているからにすぎません。

 

浪費とはカンタンにいうと、ムダ使いのことです。

 

たとえばギャンブルや、キャバクラで豪遊したり、

なんとなく気になったものを衝動買いしたりですね。

 

もちろんムダかどうかは本人次第なので、

僕が決める権利がないことは理解しているつもりです。

 

あくまで、「貯金して貧乏生活から抜け出すため」の視点で考えると、

「必要ではない」という意味でお話した次第です。

貧乏なのはあなたのせいじゃない

前項では、「お金が貯まらない3つの理由」についてあきらかにしました。

 

貯金ができず貧乏であることに悩まれている人の多くは、

いずれかの理由にあてはまると思います。

 

でも、僕たちのような一般人が貧乏になってしまうのは当たり前なのです。

 

これまでの人生を思い出してみてください。

 

学校や社会で、「お金の知識」など教わる機会があったでしょうか?

 

実はお金には、お金を増やすための法則があるんです。

 

そんなことは学校で教えるはずもなく、

何の役にも立たない知識ばかり勉強させられていたはずです。

 

それは学校教育の目的が、サラリーマンを量産することでしかないからです。

 

つまり権力をもった人間たちが、なるべく楽して稼ぐためには、

サラリーマン(従業員)が必要です。

 

学校で、「お金の知識」なんて教えていたら、

いまごろ世の中は「経済的な自由人」で溢れているはずです。

 

だからこそ、ごく一部の権力をもった人間が、

一般人を都合よくコントロールするために、学校や社会では、「お金の知識」は隠され続けているのです。

 

お金のことなんかまったく分からず・・・

学校を卒業したら1か月をなんとか食いつなげるサラリーマン人生。

 

それなら貧乏になるのは当たり前です。

 

「コツコツ貯金するのが賢い」なんてものは、ただの幻想でしかありません。

貯金にこだわると経験が失われる

「やばい、今月は支払いがピンチだから食費をおさえて貯金にまわさなきゃ。」

 

このように生活をギリギリまで切り詰めて、節約を心がけて、

1円でも多く貯金にまわすこと。

 

これが多くの人が考える、「真面目で賢い生き方」です。

 

というよりも、国からの徹底された教育で、

「そう思わされている」と言ったほうがもっともかもしれません。

 

考えてみてください。

 

たった1度しかない人生です。

 

やりたいことだったり、行ってみたい場所、

それらを我慢して、1か月をやっと生活するために節約しながら働かなきゃいけないなんて、

まるで奴隷だと思いませんか?

 

さらに貯金にこだわって、いろいろな意味での貧乏生活をしていると、

お金以上に貴重な、経験までもが失われてしまいます。

 

たとえば実家暮らしなら、貯金はしやすいでしょう。

 

でも20代のうちから「老後に備えた貯金」が目的となり、

親元を離れて1人暮らしをするという経験ができなくなってしまいます。

 

 

確かに旅行は、お金がかかります。

 

でも恋人や友人たちと行った旅は、一生忘れることのない宝物になるはずです。

 

つまり、お金以上に経験はめちゃくちゃ重要だと思うのです。

 

それらを我慢して貯金をがんばることが賢い生き方だと思えるでしょうか?

 

むしろ、がんばって貯金しても貧乏になるなんて、そんなおかしな話があるはずがありません。

賢いのは【貯金】ではなく【自己投資】

ここまで真剣に読みすすめられる賢いあなたは、

「貯金が賢い生き方ではないし、貧乏から抜け出せない」と理解されているはずです。

 

多くの人は、何の疑問をもたずに、

ひたすら貯金に励んで、自分から貧乏生活をえらんでしまっています。

 

もちろん老人になって後悔するかどうかは、その人しだいです。

 

でも、このページを読んでくださったあなただけは、

その貧乏生活からなんとしても抜け出していただきたいと思っています。

 

そのためには、「貯金」ではなく、「自己投資」にお金をまわすことが、

貧乏生活から脱出する1番の近道です。

 

自己投資とは、あなた自身が成長するためにお金を知識に変えることを言います。

 

つまり浪費とは、そのときの自分に一時的な快楽を与えるためにお金を乱暴に使うこと。

 

その点、自己投資は、未来の自分を賢くさせるためにお金を親友のように扱うことです。

 

これこそが貧乏生活から抜け出すためには欠かせない、正しいお金の知識なのです。

自分の脳みそに【資産】を作れ

先ほども少しだけ触れましたが資産とは、

僕たちのポケットにお金を連れてきてくれるものです。

 

それは僕たちの脳みそが誰にも盗まれない資産となってくれるんです。

 

たとえば筋トレをすることで、筋肉は鍛えることができますね?

 

それと同じで、脳みそも鍛えることができるのです。

 

それは、自分でお金を稼ぐ知識に自己投資することで鍛えられます。

 

もちろん筋トレのように、コツコツと継続的に行う必要はあります。

 

でも正しいトレーニングをすることで、その稼ぐための脳は確実に鍛えられます。

 

これが貯金しても貧乏な生活から僕たち一般人が抜け出す、唯一の方法です。

 

 

では、その資産はどのように生かすか?

 

それは自分でビジネスを始めることで、その鍛えらた脳みそは、

資産としての役割を果たしてくれます。

 

ただ、店舗を必要とするリアルビジネスは莫大な初期費用がかかりますし、

この不景気な世の中ですから、借金をしてまで始めるのは、

かなりのリスクがあると思います。

 

大企業でも当然のように倒産する時代に、

いまから会社を設立したりするのは、あまり賢い選択とはいえないかもしれません。

 

その点、アフィリエイトをはじめとするネットビジネスは、

初期費用がほとんどかからず、リスクなしで副業から始めることができます。

 

ネットとはいえ、やっていることはまっとうなビジネスです。

 

つまりビジネスの本質とアフィリエイトで稼ぐための知識を学べばいいだけです。

 

今までは貯金にまわしていたお金を、「稼ぐための知識」に自己投資することで、

リスクなく貧乏生活からの脱出できるなら、

やらない理由はないと思います。

 

ですが、僕ができることはここまでです。

 

あとは、あなたの判断にお任せします。

 

いずれにしても、「あのときチャレンジしていれば」と死ぬまえに後悔はしたくないものです。

 

これからは、貯金をがんばるサラリーマンこそが、

なぜか、どんどん貧乏になっていく時代なのかもしれません。

 

 

稼ぐための知識は無料メール講座で詳しくお話していますので、

興味がある人のみ、今だけ完全無料でご参加ください。

 

3000円相当の電子書籍を無料でプレゼントしています。

電子書籍の無料プレゼントは予告なく終了する場合があります。

プロフィール

名前:三上

1993年生まれ。

 

18才まで→中学、高校と人間関係に失敗し、どちらも部活を途中で退部。(人付き合いが怖くなる)

19才→流されるがままに生き、なんとなくで地元の専門学校に進学。

21才→新卒でブラック企業に就職し、上司からのパワハラで1年ちょっとで退職。

22才→人生で2度目の就職。

23才~25才→生活費のために働く毎日を過ごす。

26才→自分のこれからの人生を真剣に考えはじめ、1人暮らしを開始。

27才→「これまでの人生で何も本気で取りくんだものがない」と気づき、アフィリエイトで成功することを決意。

 

もっと詳しいプロフィールはこちらからどうぞ

電子書籍プレゼント

プレゼントを受け取るメールアドレスをご入力ください。


ご入力していただいたメールアドレスは厳重に管理していますのでご安心ください。

アンケート