低学歴だから人生が終わると思ったら読んでください

三上の思ったことや価値観をありのままに

低学歴なら人生は終了なのか?

結論として、まったく関係ありません。

 

確かに日本では、まだまだ学歴社会といわれていますね。

 

でも学歴が関係ある仕事はごく一部で、その生き方がすべてではないのです。

 

「私って低学歴だから・・・」と、人生をあきらめるのは行動することから逃げているだけ。

 

中卒や高卒の人でも成功した人はたくさんいますし、「頭の良さ」と「高学歴」は違うと思うのです。

 

じつは僕も低学歴の人間で、「人生が終わったかも」と悩んでいた時期がありました。

 

でもそれは社会が作り出していた嘘だと気づき、

それからは少しずつ人生を変えていけたので間違いありません。

 

あなたが、「低学歴の自分は人生詰んだかもしれない」と思っておられるなら、

このページに最後まで目を通されてください。

低学歴のなにが問題なのか

たとえば、

  • 医者になりたい
  • 弁護士になりたい
  • 教師になりたい
  • 公務員になって安定した給料をもらいたい

 

このように高学歴が必要の仕事に就きたいと思うのであれば、学歴は重要になってきます。

 

むしろ中卒や高卒なら、不利になることはあきらかです。

 

しかし言うまでもありませんが、これらのような高学歴を必要とする職業は、

世の中にたくさんある仕事のうちのほんの一握りにも満たない程度です。

 

逆にいえば、「医者になりたい」とか「教師になりたい」と思わないのであれば、

低学歴でも人生にまったく影響はないということ。

 

考えてみてください。

 

世の中には本当にたくさんの仕事があり、たくさんの生き方があります。

 

その中で、学歴が考慮されるものなんてごく一部です。

 

「いい大学へいきいい会社に就職」は親や教師などに、

幼少期から植えつけられてきた偏見でしかありません。

 

さらに現代は、「転職は当たり前」といわれる時代であり、働き方もどんどん増えてきました。

 

つまり、「人生で成功するにはいい大学へいく」という価値観は古すぎますし、

それしか言えない人間は世の中の本質を見れていない証拠だと思います。

 

その意味でも、「低学歴は人生終了」は間違いですし、むしろまったく関係ないということがお分かりかと思います。

【勉強ができる】からといって【仕事ができる】とは限らない

あなたも社会の本質を見ることができているなら、なんとなく気づかれているとは思います。

 

学校というサラリーマンを量産する工場。

 

そこで働く教師たちは確かに高学歴の人間ですが、「学校の勉強」以外は知らない人間です。

 

その学校という場所では、「勉強ができる人」を頭がいい優等生と呼びますね?

 

そして社会に出て感じること・・・それはただ暗記力が優れていただけという事実。

 

つまり勉強ができるからといって、仕事ができるとは限らないということですね。

 

社会に出ればみんなと同じことをしても、みんなと同じ結果になるだけです。

 

その意味でも、自分が満足できる結果を出すには、自分の頭で考えること必要があり、

そこに暗記力はなんの役にもたちません。

 

要は低学歴でも、自分なりの「人生の攻略法」を見つけることで、どうにでもなるということ。

 

というよりも学校はそういった、「自分の頭で考えれない人」を量産する場所なのです。

【低学歴】を理由に人生をあきらめるのは逃げているだけ

前項でお話したように学校というのは、

自分の頭で人生を判断することができない人間を量産することが目的です。

 

その方がつまり、「使いやすい都合のいい人間だから」です。

 

このページを開いてくださったあなたは、

「低学歴がコンプレックスであり人生が終わってしまったのか?」と思われているのかもしれません。

 

でも、「低学歴だけれど人生あきらめたくない」とも思われていることでしょう。

 

ここまで読みすすめられるなら大丈夫です。

 

低学歴でも人生に成功できる可能性が十分あり、世の中の本質をしっかり見れている証拠です。

 

それに比べ、たとえば受験に失敗して低学歴になってしまったからといって、人生をあきらめている人がいます。

 

結論として・・・それは逃げでしかないと思います。

 

今さらあなたに言うまでもないかもしれませんが学校教育とは、

国が一般人を都合よくコントロールするために作られた、「サラリーマン養成所」です。

 

その敷かれたレールを何の疑いもなく歩いていると待っているのは、死ぬまで他人にこき使われる人生です。

 

そもそも人の数だけの人生がありますから、

「高学歴」や「低学歴」と分類することがおかしいと思うのです。

 

その中で低学歴だからといって人生をあきらめるのは、世の中のカラクリに気がついていないだけです。

 

中卒や高卒でも人生に成功した人はたくさんいるものですよ。

 

ここでいう成功とは、「幸せそうに生きている」も含みます。

低学歴でも行動することで人生は変えられる

学歴が必要な仕事がしたい人は大学へいけばよく、

仕事より生き方を重視したい人は低学歴でも問題ない。

 

世の中の本質を見ればシンプルなことです。

 

その中で本当の意味で、「人生が終わっている人」は、

ここまでお伝えしてきたように、低学歴を理由に人生をあきらめ行動しない人だと思います。

 

「どうせ低学歴だし」とただふてくされていても、誰もその人をぶち上げてはくれないのです。

 

その意味でも、仕事して帰宅したらダラダラしながらテレビばかりを見る、

そんな毎日を繰り返していても人生が変わることはなく、ムダに年をとるだけです。

 

カンタンに想像できる結果だと思います。

 

それなら残りの人生で1番わかい今日に、行動を起こさないと損だと思いませんか?

 

大人になっても学歴を自慢してくる人がいますが、そのような人は大学のときから何も成長していない人です。

 

そんな人は放っておいて、あなたはあなたの人生を生きる義務があると思うのです。

 

学歴でしか人を判断できない人間に、まともな人間はいません。

 

むしろ、「学歴がすべて」と、国に洗脳されたロボットだと思います。

コンプレックスは最大の武器になる

いまでこそ僕はこうしてあなたに、「低学歴でも人生が終了したわけではない」とお伝えできています。

 

しかし数年まえの僕も、「低学歴の自分の人生は終わったかも」と死ぬほど悩んでいました。

 

そのようなコンプレックスは最大の武器になるんです。

 

それはこうして僕がブログをかき続けることができたのは、

「低学歴だからって人生をあきらめたくない」という気持ちが強かったからだと思います。

 

むしろ国の言いなりで、まじめに勉強して、いい大学にいって就職して現状に満足していたなら、

死ぬまで他人にこき使われる運命になっていたことでしょう。

 

 

考えるだけで怖くなってきます。

 

だからこそ、たとえ低学歴が自分のコンプレックスだと思っていても、

考え方しだいでは人生を変えるエネルギーになるのです。

劣等感を言い訳にして人生から逃げ出す弱虫は多い。

しかし、劣等感をバネに偉業を成し遂げた者も数知れない。

アルフレッド・アドラー(心理学者)

インターネットは低学歴の人間に与えられたチャンス

流されるがままに生きて大手企業に就職したものの、やはり同じ毎日を繰り返すことに違和感を感じる人は多いです。

 

そうした人が飛びこむのはインターネットの世界。

 

つまりネットビジネスです。

 

いまの時代はインターネットが主流になりましたよね?

 

パソコン1台で誰でも起業することができるという意味でも、人生の選択肢は増えたといえます。

 

つまり学歴にこだわる重要性がうすくなってきたということ。

 

どこの学校でもお金の稼ぎ方は教えてくれませんし、

ビジネスをやるなら、「高学歴」も「低学歴」も関係ありません。

 

これこそが低学歴でも人生は終わらない・・・を意味していると思います。

 

インターネットは僕のような低学歴の人間に与えられた最後のチャンスかもしれません。

 

あなたも学生時代に勉強をサボっていたのであればその分、いまが勉強をがんばるときなのだと思います。

 

それは学校の勉強のような、「いつ使うか分からない」といったつまらない内容ではなく、

確実に僕たちの人生をよくするために必要な、「ビジネスの勉強」です。

 

日常をボーっと生きていると、せっかくのチャンスも見逃してしまいそうですし、

気づいたらチャンスは逃げているものです。

 

だとしたら、このページを読んだ今日こそがチャンスをつかむタイミングだと思います。

 

 

そのためにも無料メール講座に今だけ完全無料で参加されてみるのもいいかもしれません。

 

3000円相当の電子書籍が今だけ無料で読めます。

電子書籍の無料プレゼントは予告なしに終了する場合があるので興味があればお早めにどうぞ。

プロフィール

名前:三上

1993年生まれ。

 

18才まで→中学、高校と人間関係に失敗し、どちらも部活を途中で退部。(人付き合いが怖くなる)

19才→流されるがままに生き、なんとなくで地元の専門学校に進学。

21才→新卒でブラック企業に就職し、上司からのパワハラで1年ちょっとで退職。

22才→人生で2度目の就職。

23才~25才→生活費のために働く毎日を過ごす。

26才→自分のこれからの人生を真剣に考えはじめ、1人暮らしを開始。

27才→「これまでの人生で何も本気で取りくんだものがない」と気づき、アフィリエイトで成功することを決意。

 

もっと詳しいプロフィールはこちらからどうぞ

電子書籍プレゼント

プレゼントを受け取るメールアドレスをご入力ください。


ご入力していただいたメールアドレスは厳重に管理していますのでご安心ください。

アンケート