【宝くじを当てる】より高確率でお金持ちになれる方法

正しいお金の知識

あなたは、宝くじを当てて楽にお金持ちになりたいと思いますか?

 

誰だってできることなら楽してお金は稼ぎたいですし苦労なんて、「なるべく避けたい」と思うのが当然です。

 

その意味ではいつか宝くじを当てることを夢見て、つい買い続けてしまうあなたは正常なのです。

 

でも可能性は、もちろん0ではありませんが当選確率を考えても、

「ほぼムリ」と思って間違いないと思います。

 

そんな僕がこのページであなたにお伝えしたいことは、

かんぜんに運任せな夢を見るより、お金持ちへの道は自分で切り開いていきましょう、ということ。

 

宝くじを当てるよりも、圧倒的に高確率でお金持ちになれる方法があるんです。

 

ただし、めちゃくちゃ努力が必要です。

 

これを聞いて少しでもワクワクした、あなただけがこの先を読みすすめてください。

なぜ多くの人が宝くじを当てることを夢見るのか?

一般人なら誰でも1度は夢見る、「宝くじを当てて億万長者」

 

実に世の中の9割の人たちに共通する夢ですね。

 

言い方を変えると、その9割とはお金に困っている人たちです。

 

もしあなた自身、もしくはあなたの親が経営者であったり、資産家であるなら、

宝くじを当てることを夢見ることはないと思います。

 

それは宝くじなんか買わなくても、十分な経済力があるからですね。

 

つまりお金に困っている人とは、ほとんどがサラリーマンということになります。

 

もちろんサラリーマンの人でも生活するに十分な収入を稼いでおられる人もいると思いますが、

それでも月収20~30万が相場です。

 

それは1か月をギリギリ生活できる程度の金額でしょう。

 

毎日のように朝から晩まで働いて、それでなんとか生活はできるくらいのお金はある。

 

でも生活費だけで、自由に使うことができるお金はほとんど残らない。

 

その意味でも、お金はたくさんあるに越したことはありません。

 

だからこそ、「買うだけ買ってみよう、もしかしたら・・・」と期待をもって宝くじを買い続けるわけですね。

 

冒頭でもお話したように、それは普通のことだと思います。

 

逆に朝から晩まで働いて1か月をやっと生活できるくらいしか渡さない国や会社がおかしいんです。

 

繰り返しますが、世の中の9割の人が、宝くじを当てることを夢見る理由。

 

それは9割が生活がギリギリでお金に困っているサラリーマンだからです。

貧乏人を量産する日本の教育

先生の教えたこと、学校の規則に抵抗感なく適応する子だけが、成績がいいという評価を受けてしまう。

岡本太郎(芸術家)

 

就職こそが正義であり、常識だ!

あなたにも聞き覚えのあるセリフかもしれません。

 

かんが鋭いあなたなら、なぜ世の中が宝くじを当てることを夢見るサラリーマンばかりなのか、

お分かりだと思います。

 

このセリフは将来、優秀なサラリーマンになってくれる人材を量産する学校で聞いたであろうセリフです。

 

その証拠に大人になってから役にたたない知識ばかりを勉強させられて、

肝心なお金などの教育はいっさいされなかったはずです。

 

芸術家である、岡本太郎氏がのこした名言のように、

先生に逆らわない従順な子どもが学校では、「優等生」として扱われます。

 

要は言われたことを何の疑いをもつこともなく、言われるがままに行動してくれる人間の方が、

会社などの組織にとっては使いやすく都合がいいのです。

 

だからこそお金がないことに悩んでおられるのは、あなたが悪いわけではありません。

 

たかが1か月をやっと食いつなげる程度の給料しかもらえないのに、「就職がすべて!」という教育がおかしいんです。

 

僕たちがこれまで当たり前のように通っていた学校教育は、貧乏人のサラリーマンを量産するという恐ろしい場所だったのです。

【夢を奪われる】宝くじの当選確率

確かに当選する可能性が0ではない宝くじ。

 

その当選確率はいったいどのくらいなのか?

たとえばジャンボ宝くじなら1等の当選確率は1000万分の1です。

 

「どのくらい低い確率なのか?」想像もできないほどだと思います。

 

さらに宝くじの還元率は約45%で、競馬が75%、パチンコが85%なので、

宝くじを買い続けるよりもギャンブルの方が期待値は高い、ということ。

 

そんな中で宝くじを当てるよりも、交通事故に遭う方がずっと高い確率です。

 

これでも、まだあなたは宝くじを当てることを夢見ますか?

お金を宝くじよりも自己投資に使う

あなたがこれから死ぬまでの間、一生宝くじを買い続けたら、一体どのくらいの金額になるでしょう?

 

もう言うまでもないかもしれませんが宝くじが当たる確率よりも、当たらないまま死を迎えてしまう確率の方が、

比べ物にならないほどずーっと高いです。

 

確かにお金をどう使うかは人それぞれの考え方しだいなので、僕が口出しする権利はないかもしれません。

 

でも先ほどもお話したように、宝くじの還元率は約45%です。

 

つまり100万を宝くじに使ったとしたら、45万しか還元されないことになります。

 

あくまで期待値なのでそれ以上、損をする可能性だってありますね。

 

そういった運任せのギャンブルに大切なお金を浪費するくらいなら、

自分に投資をして経験や知識を身につけた方が将来的に、何倍にもなってあなたの元へ帰ってきてくれると思います。

 

ちなみに自己投資とは、あなた自身を成長させるためにお金を使うことを意味します。

 

セミナーに通ってみたり、ビジネスの教材を買って知識をつけたり、

たとえば調理師になるために専門学校に通ったりすることも自己投資になります。

 

先ほどもお話したように、学校や社会ではお金の知識なんて教わらなかったと思います。

 

つまり自分から現状に疑問を感じて、新しいことを始めようとしなければ、死ぬまで搾取され続けることになるのです。

【宝くじでも当たらないかな】は努力することから逃げているだけ

過去の僕も、「宝くじが当たれば働かなくていいし、どんなに幸せだろう」と宝くじを当てることを夢に見ていた時期がありました。

 

そのときの僕は世の中の仕組みなどもまったく分からず、

「元から才能があった人だけがお金持ちになれる」と考えており、「どうせ自分なんか才能ないし」と、

ただ世の中の不平等さを恨む毎日でした。

 

もしかしたらあなたも過去の僕のように、理不尽な世の中にたいして不満を持たれているのかもしれません。

 

 

ここで重要なことをお話します。

 

人間が生まれたとき能力の差というのは、ほとんどないそうです。

 

たとえばどんな成功者であっても、生まれたときから知識やノウハウを持っている人はいませんよね?

 

何度も失敗してチャレンジした結果が、「成功」だったわけです。

 

過去の僕もそうだったので、あまり人のことはいえませんが、宝くじを当てることでお金持ちになろうとしたり、

自分の人生がうまくいかないことを世の中のせいにするのは、努力することから逃げているだけなんです。

 

確かに宝くじも買わないよりは買った方が人生も変わる可能性はあります。

 

でも、ここまでお伝えしてきたように宝くじを当てる確率よりも途中で事故や事件に巻き込まれる可能性の方が高いわけです。

 

奇跡を待つより捨て身の努力・・・これはある有名なアニメキャラの名言ですが、

宝くじを当てるという奇跡を待つより、自分の力でお金持ちになれるような努力をするべき。

 

過去の僕のような考えの人には、理にかなった言葉だと思います。

宝くじを当てるより現実的にお金持ちになる方法

  • このまま宝くじを当てるラッキーを待ち続けるのか?
  • それとも自分の力でお金持ちになるか?

 

・・・とはいえ、ここまで真剣に読みすすめられたあなたの答えは決まっていると思います。

 

おそらく、後者を選ばれましたね?

 

もし、「これからも宝くじを当てることだけを期待して生きていく」というなら、とっくにこのページを閉じているはずです。

 

結論として自分の脳みそに、「稼ぐノウハウ」を叩き込んでしまえば、

その先の人生で宝くじを買うことはなくなるでしょう。

 

仮に、「お金の知識」などがない状態で宝くじを当てたとしても、

不思議なことにその後さらに貧乏になる人は少なくありません。

 

「お金の正しい使い方」が分からないので当然ですね。

 

では、自分の力でお金持ちになる方法とは?

 

 

それはやはりビジネスを始めるしかありません。

 

たとえばサラリーマンなら、「月にいくら」で給料が固定されています。

 

つまりどれだけがんばったとしても、手元にくる収入は同じということですね。

 

時給1000円で24時間、飲まず食わずで働いたとしても、それでも1日24000円です。

 

ですが現実として、24時間なんて働けるわけがありませんし、お金持ちになる前に身体をこわすのが先でしょう。

 

その点ビジネスオーナーなら、3万円の商品を1人に売ったとしたら、

それでサラリーマンの24時間分の給料を上回ってしまうということ。

 

ものすごくシンプルな法則です。

 

なぜ長年の間、「疑問に思わなかったのか?」が不思議だと思いませんか?

 

それくらい幼少期からの教育のパワーは恐ろしいものがあります。

 

「18才くらいでこの事実に気がつきたかった」と本気でそのように思います(笑)

 

でも、「いきなり商品なんて開発できないし・・・」と不安もあるでしょう。

 

そんなビジネス初心者でもリスクなく行えるのがアフィリエイトというネットビジネスです。

 

カンタンにいうと、他人の商品をブログなどで紹介して稼ぐビジネスです。

 

あくまで他人の商品を紹介して稼ぐのは、

「コツをつかむまで」で、その後にオリジナル商品を開発することだって可能です。

 

もちろん楽に稼げるわけではありませんが、宝くじを当てることをじっと待つより、

圧倒的に高確率でお金持ちになれるのは間違いありません。

 

もし、「アフィリエイトについてもっと詳しく話が聞きたい」という人は、

今だけ完全無料でメルマガ講座にご参加されるのがおすすめです。

 

3000円相当の電子書籍を無料でプレゼントしてます。

いつまで無料でお渡しできるか分からないので興味があればお早めにどうぞ。

プロフィール

名前:三上

1993年生まれ。

 

18才まで→中学、高校と人間関係に失敗し、どちらも部活を途中で退部。(人付き合いが怖くなる)

19才→流されるがままに生き、なんとなくで地元の専門学校に進学。

21才→新卒でブラック企業に就職し、上司からのパワハラで1年ちょっとで退職。

22才→人生で2度目の就職。

23才~25才→生活費のために働く毎日を過ごす。

26才→自分のこれからの人生を真剣に考えはじめ、1人暮らしを開始。

27才→「これまでの人生で何も本気で取りくんだものがない」と気づき、アフィリエイトで成功することを決意。

 

もっと詳しいプロフィールはこちらからどうぞ

電子書籍プレゼント

プレゼントを受け取るメールアドレスをご入力ください。


ご入力していただいたメールアドレスは厳重に管理していますのでご安心ください。

アンケート