出世しなくていい・・・と思うなら脱サラを目指せ!

社畜脱出

結論からお伝えしますが、

僕は出世することに、まったく興味がありません。

「出世を目指して仕事に人生をかけることが男ってもんだろ!」と言われてしまいそうですが、それは昭和の価値観でしかありません。

若い人たちの出世意欲が減ってきている・・・とあなたもどこかで聞いたことがあるかもしれませんが20代の人の出世意欲は相変わらず高いようです。

しかし30代に突入するとその出世意欲は急激に減り、出世をあきらめる人がどんどん出てくるみたいなのですね。

確かに30代にもなると部下のめんどうを見なければならなかったり、さらに上司ともうまくやっていかなければならなかったりなどで、これからの人生を真剣に考えはじめる時期ですから頷けますね。

そんな僕はまだ20代ですが、すでに出世をあきらめた立場です。

でも、これからのことを何も考えていないわけではありませんしむしろ真剣に今後の人生を考えたからこそ決めたことなのです。

このページではその理由をあきらかにしていきます。

 

あなたが出世競争につかれてしまっているなら、このページを最後まで読みすすめてください。

きっと今後の選択肢が広がると思います。

それでは数分ほどお付き合いください。

僕が「出世しなくてもいい・・・」と思う理由

冒頭でもお伝えしましたが僕は出世することに興味がありませんし、むしろ「出世なんかしなくていい!」というのが本音です。

もちろん、出世することでメリットはあります。

それは給料が上がることだったり、上司に意見が通りやすくなって社内政治にも参加することが可能になったりなどですね。

確かにどうせ仕事をしなくてはならないなら少しでも高い給料をもらいたいと思うのが当然ですし、自分の意見を通せたほうが仕事をしやすい、という意味でも「男は出世を目指すのが正義」という考えも分かります。

でも、ほとんどの人は出世することでのメリットばかりに気をとられすぎだと思うのです。

いまの会社で出世することを人生の目標にしてしまっている人たちの多くは「お金」を求めて出世競争をたたかっています。

まさか「お金なんかもらえなくてもいいから、会社に人生を捧げたい!」なんて人はいませんよね?

だからこそ出世することで得られる昇給を目指して日々の仕事に力をいれます。

 

ここからが重要なのですが、

従業員にそのような出世競争をさせることで得をしている人間がいることを、あなたは知っていますか?

 

それは言うまでもなく・・・会社のオーナーですね。

経営者からするとなるべく従業員の人たちに出世競争をしてもらった方が、会社としては利益につながります。

たとえばスポーツでもそうですが、選手全員がレギュラー獲得を目指してトレーニングに励むほどチームとしては底上げになりますよね?

監督が動かす人で、選手が動かされる人だとしたら・・・

 

もうお分かりですね?

つまり出世することだけを目的に、仕事にプライベートの時間などを犠牲にしてのめりこんでしまうのは、経営者に動かされているだけなのかもしれません。

会社によって役職手当の金額はちがうかもしれませんが、よくて数万円といったところでしょう。

それがはたして割に合っていると思えるかどうかということです。

 

  • 仕事をするだけの毎日・・・
  • 家に帰ったらあとは寝るだけ・・・
  • 忙しくなって残業する日もふえる一方・・・
  • 家族との時間もない

 

もはや出世した先には、人生のほとんどの時間を仕事で埋めつくさなければならないのかもしれません。

つまり出世すればするほど会社にとっては利益を出してくれる優秀な歯車としてあつかわれ、結局はオーナーが1番得をしているということ。

この仕組みに気がついてしまったからこそ、僕が「出世しなくてもいい・・・」と思う理由なのです。

30代になると社会の仕組みがみえてきて出世をあきらめる人が多い

実際は僕も20代前半のころ、つまり社会に出たばかりのころは「出世してバリバリに働いてやるぜ!」と、張り切っていた時期がありました。

それこそ、男は人生をかけて出世するものという昭和の価値観を信じてしまっていたんです。

 

考えてみてください。

 

あなたも親が身体にムチを打ちながら働いている姿をみて育ちましたよね?

つまり僕たちの親の世代は「サラリーマンとして出世することが安泰」という価値観をもっている人が多いわけです。

かんのいいあなたなら、もう気がつかれたかもしれませんがその親に育てられた僕たちも無意識のうちに同じ価値観に染まっていたということなんです。

社会の仕組みなんて分かるはずがない幼少期から20才前後まで、親のそういう姿をみて育った僕たちは知らないあいだに親と同じ人生をなぞろうとしていました。

だからこそ社会人デビューする20代前半のころなら多くの人は出世意欲にあふれているんです。

ですが社会を経験して数年がたち30代に突入するころに、ようやく社会の仕組みに気づいてきます。

ある調査によれば30代の6割、つまり半分以上が「出世したくない」と答えているというデータがあります。

先ほどもお話しましたが、僕はまだ20代です。

「20代のくせに30代のなにが分かるんだ」という声が聞こえてきましたが、僕もこれまで自分より下の人のめんどうを見たりする中で、さらに上司もいるという状況を何回も経験してきました。

つまり、自分より下の人がいて上の人もいる・・・

これがある意味1番に大変な状況であると思いますし、それが30代になれば多くなってくると思うからこそ30代になったときの大変さがなんとなくイメージできるとお伝えしたかった次第です。

そうしていくうちに少しずつ社会の仕組みが見えてくる30代だからこそ、「出世しなくてもいい」と感じてしまうのだと思います。

社内政治の争いなんてくだらない

僕たちは昔から競争に勝つことが正義だと教えられてきました。

会社でも「同期のアイツにだけは負けたくない」といった、無意味な競争がはじまります。

繰り返しますが会社というのは、従業員に出世競争をさせることでさらに利益を上げています。

 

でも、出世しなくていいと思っておられるあなたはそのような無意味な競争に参加することはありません。

小さい町の小さい会社で得られる肩書きのために身を削って働くなんて、なんのために生きているのか分からなくなりませんか?

出世なんて、したい人だけが目指せばいいのです。

あなたの同僚などがそういったタイプの人なら、どんどん手柄をゆずってあげましょう。

世の中には、数えきれないほどの会社が存在します。

そんな小さい世界での争いなんて、広い世界から見たら小さすぎるものですから。

出世しなくていいと決めたけれどサラリーマンでいることのリスク

繰り返しますが僕は出世することに興味がありませんし、出世したいとも思っていません。

でも、この会社で出世しなくていいと決めたにもかかわらずサラリーマン生活にしがみついているだけなのはリスクがあります。

僕たちは嫌でも年はとります。

たとえば45才になったとしたら、僕たちよりも10才も20才も下の世代が社会にうじゃうじゃ存在することになります。

そこで会社としては、

 

45才の平社員と30才の平社員だったら、どちらを大事にするでしょうか?

 

間違いなく30才のほうの若い平社員を大事にするに決まっています。

そうなると45才の平社員の人はどうなるのか?

 

いつ解雇されてもおかしくないでしょう・・・

 

あなたもご存知かもしれませんが、いまは大手企業でもどんどん解雇される人が続出しています。

繰り返しますが会社は利益を出すことしか考えておらず出世する気がない人間は会社のほうからすると、どんどん解雇したいわけです。

ではもし40才を過ぎてからその会社でしか通用しないスキルしかもっていなかったら?

 

それこそ路頭に迷ってしまうことになりますね。

30才前後からの10年間が勝負

30才前後からの40才ころになるまでの10年間が人生の勝負どころだと個人的には考えています。

それはこの10年間のあいだに自分の生き方を確立させる必要があるということです。

前項でもお話したように、出世を目指さずに会社からもらう給料だけを頼りに生きていくのはリスクが伴います。

それは40才を過ぎてから自分がもっているスキルがその会社でしか通用しないものだった場合、解雇されたら路頭に迷ってしまうということでしたね?

出世をしなくていいと思っている人のほとんどは、会社での仕事にやりがいなんて感じていない人だと思います。

もちろん僕もその1人です。

であれば、その仕事よりも磨くべきスキルがあると思うのです。

それが自分でお金を稼ぐ能力です。

 

年齢に関係なくいえることかもしれませんが、もはや会社だけの収入に依存するのは危険ですし出世意欲がないなら特にそうです。

その意味でも自分でお金を稼ぐ能力があれば、世の中や会社に振りまわされずにどっしりと構えていられるのではないでしょうか?

会社に忠誠を誓い続けていてもそれに見合った昇給がされるとはかぎりませんし、繰り返しますが出世したらした分、ますます会社のために働かされることになります。

だからこそ、30才前後からの10年間で、

 

  • これからも会社の収入だけに頼る人生をえらぶのか?
  • 自分でお金を稼ぐ能力を磨いて会社に頼らない人生をえらぶのか?

 

このような自分の生き方を確立させる必要があるのです。

結論 出世することに魅力を感じないなら脱サラを目指すべき

ここまで読みすすめられるあなたは、自分の人生を真剣に考えている証拠だと思います。

ただ社会の仕組みというのが分かってきて、出世すればするほど仕事が忙しくなっていきライフワークバランスがとれない生活になってしまうことが見えてしまったからこそ、会社での仕事にやる気をなくしているだけなのかもしれません。

 

ここで思い出してください。

 

僕もすでに出世をあきらめた・・・とこのページの冒頭でもお話しました。

でも、今後の人生を真剣に考えたからこその決断であるということでしたね?

 

それはサラリーマンとして死ぬまで働き続ける不自由な人生よりも、自分1人で稼いでいく人生の方がずっと自由で楽しいと判断したからに過ぎません。

 

あくまで僕の場合ですが、出世競争に参加して会社のオーナーをお金持ちにするために働くよりも、自分でお金を稼ぐ能力を身につけて脱サラを目指す。

30才前後から勝負どころだとお伝えした10年間・・・そのあいだに自分の生き方を決めること。

これが僕が見つけた自分の生き方だったのです。

 

どうやら僕たちは人からやらされていることだと、本来の力を発揮できないみたいなんです。

その人からやらされていることとは、つまり会社でのやりたくもない仕事ということですね。

 

ところが本当に自分で決めたことをやり出した途端、信じられない力を発揮する人がいます。

就職して出世を目指すことしか教えられなかったからこそ、やりたくない仕事で人生を埋めつくす人が多いのが現実です。

その敷かれたレールを脱線して自分だけの生き方を見つけた人だけが、どんどん豊かになっていく・・・そんな時代なのかもしれません。

人生には2つの選択肢がある。

その状況を受け入れるのか、

状況を変えるための責任を受け入れるのか。

デニス・ウエイトリー (アメリカの自己啓発作家)

こちらもあわせてどうぞ。

脱サラを目指すための無料メール講座

3000円相当の書籍が特典として無料で読めます。

書籍の無料配布は予告なく終了する場合がありますので興味があればお早めに。