仕事が生きがいの人生なんてつまらない!社畜から逃げ出せ

社畜脱出

あなたは仕事が人生の生きがいになってしまっていませんか?

 

確かに生きていくためには仕事をしなければお金を稼ぐことができないので、

仕事はしなければならないものなのかもしれません。

 

でも、今あなたがしている仕事は本当にやりたかった仕事でしょうか?

 

もしあなたが、いまの仕事が好きで楽しんでやられているのであれば、

それはすばらしいことだと思います。

 

ですが、本当はやりたくもない仕事を人生の生きがいにしてしまうのは、

もったいないことなんです。

 

もうこれからの時代はやりたくない仕事をムリして続けていく必要はないのですね。

 

だって、あなたがもしサラリーマンだとして、

あなたが仕事を生きがいにしてがんばればがんばるほど1番に得をしているのは、

その会社のオーナーです。

 

このページでは、やりたくない仕事をし続ける人生からの脱出方法をあきらかにしていきます。

仕事が生きがいの人生になってしまっている人たち

僕の会社の上司でも、仕事が人生の生きがいになっている人がいました。

 

冒頭でもお話したように、本人が心の底からその仕事が好きだというなら、

他人がとやかく言う資格はありません。

 

ですがそういう人たちは、

家族や自分のプライベートよりも仕事を優先してしまっている人が多いと思うのです。

 

つねに会社の利益を1番に考え、

部下からも嫌われることを覚悟で理不尽な仕事量をおしつけ、なんとか利益をあげようとする。

 

確かに会社としてはそういう人たちがたくさんいれば、それだけ儲かるのでありがたいかもしれません。

 

でも、かんぜんに会社に洗脳されてしまっているようにしか僕には見えないのです。

 

世の中には、「動かす人」と「動かされる人」の2通りが存在しますが圧倒的に、

「動かされる人」がこの世の中の大半を占めています。

 

その動かされる人というのは、もちろん会社の従業員もふくまれています。

 

会社のオーナーにいいように言いくるめられ、

会社を儲けさせてくれる優秀なコマとして洗脳されたのが、

先ほどの仕事が人生の生きがいになってしまっている人たちです。

 

本当はやりたくなかった仕事でも会社に依存していくなかで、

いつのまにか仕事が生きがいになってしまった人がほとんどだとしか思えないのです。

 

人生をやりたくない仕事で埋め尽くし、

結局はオーナーをお金もちにさせるための人生だなんて、そんなの悲しすぎると思いませんか?

常識は一般人をコントロールするための罠

前項では、仕事が生きがいの人生になってしまっている人たちの正体についてあきらかにしていきました。

 

それは、本当はやりたくない仕事だったけれど、

会社に言いくるめられていくうちに、いつの間にか仕事が生きがいになってしまっていた人たち、でしたね?

 

「仕事は全力でやるのが常識だ!」なんてよく聞きますが、それはあくまで経営者の都合でしかありません。

 

実はいま僕たちが常識だと思っていることを少し疑って考えてみると、

誰かにとって都合がいいようにつくられているということが分かってきます。

 

そしてその裏では、必ず損をしている人がいるということ。

 

たとえば、

 

「誰も見ていないときこそしっかりやれ!」

 

こんな言葉をあなたも1度は聞いたことがありませんか?

 

つまり上司が見ていないところでも全力で仕事しろということになりますね?

 

いちいち監視するのがめんどうだとしたら、

先ほどの言葉を常識と思っていれば上司に監視されていなくても、しっかりと仕事をするはずです。

 

「いやいや、うるさい上司がいないときに手を抜かないでいつ手を抜けってんだよ」と僕なら思ってしまいます。

 

これはほんの一例ですが、常識というのが誰かにとって都合がよくできており、

裏では損をしている人がいるというのがイメージしていただけたはずです。

 

だからこそ常識なんて言葉に縛られていると、僕たちもいいように使われるだけなんです。

 

給料をもらっている以上、会社につくすことが、

一般的には常識とされているのかもしれませんが、

それはあくまで僕たちをコントロールするための罠でしかありません。

 

仕事が人生の生きがいになるサラリーマンが多ければ多いほど、会社にとっては都合がいいからです。

 

そうなれば会社がどんどん儲かって、

会社が儲かるということは国はそれだけの税金を搾取することができるんです。

 

もうお分かりですね?

 

常識は国がしかけてきている罠だったのです。

 

2020年のコロナウイルスの問題でお分かりかと思いますが国のトップは、

経済のことしか頭になく、僕たちから税金を搾りとることしか考えていません。

 

だからこそ、感染者数がおさまっていなくとも、

わずかな給付金をわたして一般人に仕事をさせたりするわけです。

 

会社も考えていることは同じです。

 

国や会社は僕たち個人のことを守ってはくれないんです。

 

それなのに、常識に縛られて仕事を生きがいにするなんてバカバカしいにもほどがあるがあります。

仕事なんて生きていくためのただの手段

繰り返しますが、本人が会社での仕事を心から楽しんでやっているというのであれば、

僕が口出しをする権利がないことは十分心得ているつもりです。

 

ただ僕が仕事にたいして思うことは、仕事なんて人生の手段でいいということ。

 

考えてください。

 

あなたは何のために生きているのかを。

 

それは決して仕事をするためなんかじゃないはずです。

 

  • おいしいものを食べるため
  • 大切な人にプレゼントを買うため
  • 家族の幸せのため
  • 乗りたかった車に乗るため
  • 友人たちと楽しい時間を共有するため

 

このようなことが人生の目的であって、そのための手段として仕事をするのが、

もっともらしい生き方なはずです。

 

なのに、仕事で体力を消耗していくうちに本来の目的を見失ってしまっているサラリーマンの人が多すぎると思うのです。

 

なんにでも言えることですが最適な手段をえらぶことができなければ

目的地にベストな状態でたどり着くことができません。

 

もしあなたが東京から沖縄へ旅行にいくのに、

移動手段を自転車や徒歩をえらんでしまっては、

目的地につく前に燃え尽きてしまう可能性のほうが高いですよね?

 

なんとかたどり着いたとしても、

移動(手段)で消耗してしまって観光(目的)が楽しめなくては意味がありませんね。

 

ほとんどの人は生きていくための目的と手段を逆にえらんでしまっているのですね。

仕事が生きがいの人生にならないために

ここまで読みすすめることができる賢いあなたなら、

仕事を生きがいにするのがどれだけバカバカしいことか理解されているはずです。

 

いそがしい日常を生きていると、こんなことを考えるヒマもなく、

そうしているうちに会社に洗脳されて仕事人間になってしまうことはなんとしても避けたいところです。

 

だから今日、あなた自身に聞いてみましょう。

 

  • 人生を仕事で埋めつくしたいのか?
  • いまの仕事が好きでやっているのか?
  • 目的と手段が逆になっていないか?
  • どんな生き方がしたいか?

 

これらの質問をあなた自身にしてみることで、

自分に1番合った仕事や生き方がみえてくるはずです。

 

たとえば、今は趣味でさえも仕事にできる時代なんです。

 

あなたがもし料理が得意なら、自分の持っている知識などをブログで発信したり、

またYouTubeで動画をアップするのもいいかもしれません。

 

そうすると、あなたの情報に興味をもってくださった人たちが集まってきて、

感謝されながらその対価としてお金をいただくことができるんです。

 

好きなことを仕事にしている人がどんどん増えてきているのは、

インターネットが普及したからこそで、

たとえばYouTubeなどで趣味をおこなっていることを動画にして稼いでいる人がいることを、

あなたもご存知ですよね?

 

その人たちは趣味を武器に自分の力で稼いでいるわけですね。

 

「そんな自分には人に見せれるだけの趣味なんてないよ!」

 

今はそれでも大丈夫です。

 

あなたがこれから興味が持てそうなことを勉強して知識を身につければいいだけです。

 

ここまでお話したように、

これからの時代はやりたくない仕事を生きがいにしなければならない人生をおくる必要はまったくないんです。

 

ちなみに僕は、

 

気の合う人とお酒を飲んでいるときや、新たな仲間に出会うことであったり、

こうしてパソコン1台であなたに情報をお届けできていることも、やはり楽しいと感じます。

 

そのための手段として、このブログをかいています。

 

やりたくない仕事をするためだけに会社へむかう毎日は、もう終わりにしませんか?

 

ブログで話せない内容はメルマガで詳しくお話していますので、興味があればどうぞ。

 

脱サラする覚悟が10日で決まる無料メール講座

3000円相当の書籍が特典として無料で読めます。

書籍の無料配布は予告なく終了する場合がありますので興味があればお早めに。

プロフィール

名前:三上

1993年生まれ。

 

18才まで→中学、高校と人間関係に失敗し、どちらも部活を途中で退部。(人付き合いが怖くなる)

19才→流されるがままに生き、なんとなくで地元の専門学校に進学。

21才→新卒でブラック企業に就職し、上司からのパワハラで1年ちょっとで退職。

22才→人生で2度目の就職。

23才~25才→生活費のために働く毎日を過ごす。

26才→自分のこれからの人生を真剣に考えはじめ、1人暮らしを開始。

27才→「これまでの人生で何も本気で取りくんだものがない」と気づき、アフィリエイトで成功することを決意。

 

もっと詳しいプロフィールはこちらからどうぞ

電子書籍プレゼント

プレゼントを受け取るメールアドレスをご入力ください。


ご入力していただいたメールアドレスは厳重に管理していますのでご安心ください。

アンケート