ニートになりたいのはあなただけじゃないんですよ

三上の思ったことや価値観をありのままに

ニートになりたい・・・

そう思ったあなたは正常である証拠です。

 

口には出さないだけで、みんなそう思っているんですね。

ただ生活していくためには当然「お金」が必要なわけですから、やりたくない仕事でもやらなければならない人がほとんどです。

その意味では、ニートになりたくてもなれないだけです。

 

ではもし、何もしなくてもいまと同じ収入が自動的に得られるとしたら?

明日からでもニートになることが可能です。

 

であればシンプルに自動で稼ぐ仕組みをつくればいい話です。

 

「そんなことできるくらいならとっくにやってるよ!」という声が聞こえてきましたが、

そう思われたあなたが本気でニートになりたいならこのページを最後まで読みすすめてください。

「ニートになりたい」と思うのは当たり前

あ~マジでニートになりたいわ。

まわりの人間にこんなことを言ってしまったら、「アイツは怠け者だ」や「本当ダメなやつ」と思われてしまうと考えれば、口がすべっても言えませんよね?

 

思ったことをすなおに言えないこの世の中ですから、みんな口には出さないだけで「ニートになりたい!」と思うのはみんな同じなんです。

ただ目の前のお金にしがみついて、イヤイヤ働いているだけです。

 

だからこそ「ニートになりたいと思っている自分はダメなのか・・・?」と自分を責める必要はないのですね。

たとえば「私はお金なんか1円もいらないから、この仕事がしたいんです!」なんて人は1人もいないはずです。

ということは結局はみんなお金なんです。

 

お金に振りまわされて「ニートになりたい・・・」という心の声を無視してしまっている。

これが世の中の9割の人の本音です。

やりたくないことをしなければいけないなんておかしい

ここまでは「ニートになりたい」と思うのは当然であって、それは「あなただけじゃない」というお話でした。

つまり毎月の生活をしのぐためになりたくてもなれないのが正直なところ、でしたね。

 

本当ならやりたいことだけやって生きていきたいと思うのが当然なのであって、

やりたくないことをしなければいけないなんて、そんなおかしいと思うんです。

 

つまりは生きていくために、人生のほとんどの時間はやりたくないことで埋め尽くされます。

それは大人になってから始まったわけではなく、小学校に入学という義務教育の時点ですでにスタートされたんです。

65才になってようやく人工的な自由が与えられて自由になるということを考えると、本当にやりたいことだけやって生きることができた期間なんてほんのわずかです。

 

しかも65才から自由になったところで一体なにができるでしょうか?

確かに新しい人生をスタートするのに年齢は関係ありませんが、どうせ自由になるならできるだけ若いうちにほうがいいに決まっています。

 

実は僕たちが生きるこの世の中は、

やりたくないことでも文句をいわずにやってくれる人が量産されることで成り立っているのですね。

学校は「ニート」を作らないためにある場所

毎日決まった時間に登校し、教師が決めたスケジュールをこなす。

そのスケジュールとは、やりたくないことの連続。

 

要はこのような他人に徹底的に管理されるシステムになじむことができない人が、いわゆるニートになりやすい人です。

誰でも1度は「学校に行きたくない」と思ったことがあると思いますが、ほとんどの親は「学校にはちゃんと行きなさい!」と言って半ば強制的に行かせる親が大半です。

 

「将来ちゃんとした大人になってほしい」という気持ちがあるのかもしれませんが、これがやりたくないことをやる人生のスタートだったのかもしれません。

 

このような教育を最低でも9年間うけていると、

やりたくないことでも我慢してやるのが当たりまえ、という価値観がイヤでも植えつけられます。

 

つまり学校とはやりたくない仕事でも文句を言わずにやってくれるサラリーマン養成所でしかなかったのです。

そういった人間を世に量産しなければ世の中は成り立ちませんし、会社という組織がまわらなくなってしまいます。

 

その証拠に学校ではお金の稼ぎ方などは教えてもらえませんよね?

つまり、やりたいことで人生を埋め尽くすためにはお金の稼ぎ方を学ぶ必要があり自分から行動しなければニートになりたいという夢は叶わないんです。

ニートになるためのたった1つの手段

ニートになりたい・・・でも生活のためには、ニートになるわけにはいかない。

そしてお金を稼ぐためにはやりたくないことでも我慢してやらなければいけない。

 

このような価値観を学校教育によって植えつけられました。

であれば、もし世間体などをまったく気にしないとしたら自分でお金を稼ぐ力を身につければ晴れてニートのような生活ができるんです。

 

要はニートになりたいけれど、生活のためにイヤイヤ働くのであればお金の問題さえ解決すればいいだけですよね?

こう考えるとすごくシンプルだと思いませんか?

難しく考えてしまっていたのは僕たちだったのかもしれません。

 

確かにまわりの同級生たちが出世を目指して働いているときに、自分だけ違う生き方をするのは勇気がいるものです。

でも、「同調圧力」に支配される人生なんてもったいなすぎます。

ニートになりたい・・・その夢を叶えるのはアフィリエイトしかない

繰り返しますがニートになりたいと思うのは当たり前であって、あなただけではないんです。

僕だってそうです。

 

そろそろやりたくないことに時間を奪われる人生は終わりにするときがきたのかもしれません。

確かにニートになること自体は誰でもカンタンにできます。

 

会社に退職届をだせば済む話ですものね。

でもそれでは収入源がなくなってしまうということなので、丸腰で会社をやめるのは危険といえます。

 

時間の自由が手に入っても、お金の面で不自由になってしまうなら意味がありません。

どうせニートになって時間の自由が手に入るなら経済的にも自由になったほうが、より人生を楽しむことができると思うのです。

 

「そんな都合のいい話あるわけない!」と思われたかもしれませんが、アフィリエイトにはその不可能と思われていることを実現してくれる可能性がある唯一の手段です。

 

もちろん最初のうちは必死になって作業しなければいけませんが、この先やりたくないことを死ぬまでやらなければいけないと考えたら、

ちょっとくらい本気を出してみるのもいいと思いませんか?

 

しかも軌道にのせることができれば放っておいても収入が発生する仕組みが整います。

それは自分の作ったブログなどに世界中のどこかから訪れてきた人が勝手に商品を買ってくれるということになるからです。

 

要はインターネット上に自動販売機をつくるイメージですね。

これが「何もしなくても収入が発生する」の正体です。

 

ニートになりたい・・・と心の中では思っていても行動しなければ何も変わりません。

だとすれば手段がはっきりした今日が「ニートになりたい」という本当の気持ちを受け入れるチャンスなのかもしれません。

 

その具体的な無料メール講座で「脱サラを目指す会」のメンバーにだけこっそりとお話しています。

3000円相当の書籍が今なら無料で読めます。

もし合わないと感じたら1クリックで解除することもできますので「どうせ無料だし読むだけ読んでみるか」と、お気軽にご参加していただいて大丈夫です。

電子書籍の無料プレゼントは予告なしに終了する場合がありますので興味があればお早めにどうぞ。

プロフィール

名前:三上

1993年生まれ。

 

18才まで→中学、高校と人間関係に失敗し、どちらも部活を途中で退部。(人付き合いが怖くなる)

19才→流されるがままに生き、なんとなくで地元の専門学校に進学。

21才→新卒でブラック企業に就職し、上司からのパワハラで1年ちょっとで退職。

22才→人生で2度目の就職。

23才~25才→生活費のために働く毎日を過ごす。

26才→自分のこれからの人生を真剣に考えはじめ、1人暮らしを開始。

27才→「これまでの人生で何も本気で取りくんだものがない」と気づき、アフィリエイトで成功することを決意。

 

もっと詳しいプロフィールはこちらからどうぞ

電子書籍プレゼント

プレゼントを受け取るメールアドレスをご入力ください。


ご入力していただいたメールアドレスは厳重に管理していますのでご安心ください。

アンケート