1日24時間という時間はお金と同じくらい大切なんです

正しいお金の知識

人生という試合で最も重要なのは休憩時間の得点である

ナポレオン

1日24時間というのは、すべての人に与えられた平等なものですね。

 

どんな成功者であっても、僕のような凡人でも時間だけはみんなおなじで、

「時は金なり」という言葉があるように、時間というのはお金とおなじくらい貴重なものなんです。

 

仕事から帰ってきたあとのすき間時間をどう過ごすかで、

僕たちのその先の運命が変わっていくみたいなんです。

 

あなたが今後の人生の時間を有効に使い未来をハッピーにするためにも、

このページを最後まで読みすすめてください。

1日24時間をお金のように大切に使う

あなたは自己投資という言葉を知っていますか?

 

自己投資とはかんたんに言うと、自分自身を成長させるためにお金を使う行為をさします。

 

たとえば、調理師になるために専門学校へ通う。

これも自己投資です。

 

ビジネス書を読んで知識を身につける

これも立派な自己投資です。

 

どちらにしても、自分自身の未来のためにお金を使っていることがお分かりいただけると思います。

 

でも多くの人は、ギャンブルやお酒などには数万円という大金を平気でつぎ込むにもかかわらず、

自分自身を成長させるための自己投資にお金を使うのは、どうやら渋ってしまうみたいなんです。

 

だって僕たちは、たとえば学校や社会などで、

正しいお金の使いかたや、お金の知識なんかはいっさい教えられてきませんでしたよね?

 

「正しいお金の使いかたなんて、そんなのは人の勝手じゃないか!」と、

言われてしまいそうですが、確かに何にお金を使うかはその人の自由かもしれません。

 

でもギャンブルなどで自己破産などをしてしまう人が、

どうしてもいるのはお金の教育がまったく行われていないのが原因だと思うのです。

 

実は、お金の使いかたには、

 

  • 消費
  • 浪費
  • 投資

 

この3種類があります。

では、それぞれを詳しくみていきましょう。

お金を消費するということ

お金を消費するというのは生活するために最低限、使わなければならないお金のことです。

 

僕たち人間は食事をしなければ生きていけませんし、

お金がなければ住む家もない、水も飲めないので、どうしてもお金は消費しなければなりません。

 

つまり、生きていく以上はお金を消費するということからは逃れられないようです。

 

だからこそ消費にかかるお金は、あまり気にする必要はありません。

 

そこで次からが重要です。

1番におさえたい浪費

浪費とは、先ほどもお話したようにギャンブルやお酒などにひたすらお金をつぎ込むことをさします。

 

確かにギャンブルをしているときや、

お酒を飲んでいるときなんかはストレスも発散できて楽しいかもしれません。

 

ここで重要なことをお話します。

 

このようなお金を浪費してしまう行為は、

あくまで一時的な快楽しか得られることができず、未来ではなく現状の自分のためにしかなっていないのです。

 

もうあなたならお気づきかもしれませんが、多くの人が行っているお金の使いかたがこの浪費です。

 

目先の快楽を求めるあまりに、自分自身の成長のためにお金を使うことができない人がほとんどです。

成長している人は必ず投資にお金を使っている

ここまでは「消費」と「浪費」の違いについてお伝えしてきました。

ここからは成長している人は必ず知っているお金の使いかた「投資」について見ていきましょう。

 

繰り返しになりますが、

投資は自分自身が成長し、ステキな未来を実現させるためにお金を使うことをいいます。

 

このようなお金の使いかたをしている人は少ないというのが事実です。

 

つまり自分からお金の知識を学ばないかぎりは、

ひたすら浪費にお金をつぎ込み一生をその場しのぎで生きてしまうことになりかねないのです。

 

何かの縁があってこのページにたどり着いてくださったあなただけは、

今日正しいお金の使いかたを身につけていただき、今後の人生に活かしていっていただきたいと思います。

時間をひたすら浪費で一生を終える人たち

前項では、お金の3種類の使いかたについてお伝えしてきました。

結論として、お金をどう使うかで未来が大きく変わってくるということでしたね?

 

実はお金と時間の使い方にはある共通点あるんです。

というのは、時間にもお金と同様の使いかたがあるということですね。

 

ここで想像してみてください。

 

Aさんは仕事から帰ってきて、夕飯を済ませて風呂に入り寝るまでの数時間をスマホアプリやYouTubeをみて1日を終える。

 

Bさんも仕事から帰ってきて夕飯や風呂に入る。

ここまではAさんと同じですが寝るまでの間、読者などをして知識武装をしている。

 

この2人の1年後や3年後の未来は同じになるでしょうか?

 

間違いなくBさんの方が成功している可能性が高いといえますよね?

 

ここまで読みすすめてくださったあなたなら、もうお分かりかもしれませんが、

Aさんは時間を浪費に使い、Bさんは時間を投資に使っていた。

 

この違いです。

 

ほとんどの人たちは、社会人になると時間を浪費に使ってしまう場合が多いようです。

 

確かに仕事で疲れたあとに、読書や勉強などをするのは体力的にきびしいのは十分理解できます。

 

でも、残酷なことにみんなと同じことをやっていても、みんなと同じ未来がくるだけです。

 

みんなが時間を浪費しているときに、あなたは時間をどう使うか?

 

これで、あなたの3年後の未来が劇的に変わってくるはずです。

1日の24時間をどんな使いかたをするか

あなたがもしサラリーマンの人であれば、

1日24時間のうちの仕事が終わったあと寝るまでの時間は3~4時間ほどでしょう。

 

ちなみに過去の僕も、仕事から帰ってきて寝支度を済ませると、

ふとんの上でYouTubeを見たり、ダラダラと過ごしてしまい時間をひたすら浪費していたものです。

 

「人生を成功させたい・・・」なんて考えているだけで、実際は何も行動できない日々でした。

 

20代も後半に突入し、これからの人生を真剣に考えていくうちに、

「このままではいけない」という危機感を感じ本を読むなどして、とにかく知識武装することから始めました。

 

そうしていくうちに、

1日24時間をどう使うかでその先の未来が変わってくるという事実に気がつくことができたんです。

 

使いかた次第で未来が変わる。

 

これが時間とお金の使いかたの共通点であるということに気がつくまでに20年以上かかってしまいました。

 

でも、お金は自分次第でまた稼ぐこと、つまり取り戻すことができても、ムダに使ってしまった時間はもう取り戻すことが不可能です。

 

この事実に気づかぬまま、30才、40才と年をかさねていったらと思うとほんとうにゾッとします。

時間を有効に使うために

では、すき間時間を有効に使う方法として、具体的にどんな手段があるのか?

それはやはり、あなたがどんな未来が理想か?

これで手段が変わってくるといえます。

 

  • お金に困らない将来を手に入れたい
  • もっと自由な時間がほしい

 

たとえばこんな未来がほしい場合は、自分でお金を稼ぐ必要がありますよね?

であれば自然と何をすべきかが見えてくるはずです。

 

ちなみに僕は、会社に縛られる人生はもう嫌だ・・・

と、本気でそう思いましたから脱サラするために必要な知識を学びはじめたんですね。

 

それはいうまでもなくビジネスの知識です。

 

こちらもお金と同じで、学校や社会では、

いっさい教えてくれない内容なので自分で時間を作り出して取り組む必要があります。

 

そもそも1度しかない貴重な人生なのに仕事で埋め尽くさなければならないなんて、

おかしい話だと思いませんか?

 

といっても、その人の自由時間をどう使うかは本人次第なので、

僕がとやかくいう資格がないのは十分に心得ているつもりです。

 

  • その場しのぎで目先の快楽だけで終わる人生にするか?
  • 少しだけ本気を出してそのあとに楽をするか?

 

どちらを選ぶかは僕たちの考えかた次第です。

 

絶対に取り戻すことができない、それが時間というのも。

 

ムダに浪費してあとから後悔はしたくないものです。

 

以下も合わせてどうぞ。

脱サラするための方法が10日でわかる無料メール講座

3000円相当の書籍が特典として無料で読めます。

書籍の無料配布は予告なく終了する場合がありますので興味があればお早めに。