働くのが嫌になった?それはあなたが正常である証拠

社畜脱出
  • やりたくない仕事を生活のためだけにしている
  • 上司が理不尽で本当にムカつく
  • 仕事して寝るだけの毎日
  • 休みの日も疲れてダラダラして終わり

 

そんなときに思わず出てしまった言葉、

もう働くのが嫌になった!

仕事なんてやめたい・・・

 

そう素直に思ったあなたは正常である証拠です。

僕も本気で「働くのが嫌だ」と思っていますし、逆に働くのが楽しいと考える人の気持ちがわかりません。

 

でも、本当にやめたら明日から生活ができないと思うと身動きがとれない・・・

 

世の中にはそんな人であふれているような気がします。

 

これは僕たちが悪いわけではなく、朝から晩まで働くことが常識としている国のシステムがおかしいのです。

 

「働くのが嫌になった」と思いながら明日も会社へいくのは強いストレスでしかありませんね?

あなたがもし、働かずに生きていく覚悟があるならこのページを最後まで読みすすめてください。

働くのが嫌になったのに、それでも働いてしまう理由

もう働くのが嫌になった!

こう思ってもなぜほとんどの人たちは働いてしまうのか?

 

「そんなのお金のために働くに決まっているじゃないか!」と言われればそれまでですが、

でも世の中のサラリーマンの9割が、できれば働きたくないと思っていることでしょう。

 

「オレは仕事が生きがいなんだ!」といった感じの仕事人間もたまにいらっしゃいますが。

 

僕の会社の親方がこんな感じの人でしたね。

 

でもそういった仕事人間の人は会社から洗脳されている可能性が高い人です。

 

というよりも、大きな会社であれば必ず洗脳教育ともいえる研修期間がありますよね?

 

自社の経営理念や社訓などを新入社員に徹底的にたたきこみ、

一生懸命働いて利益を出してくれるように教えこむ。

 

やがてその洗脳教育をうけた多くの人は本来の自分をだんだんと失っていき、

会社のために働く労働者となっていくのですね。

 

つまり魂が抜かれてしまったという状況がわかりやすいかもしれません。

あなたの会社の管理職の人なんかが、こんな感じの人ではありませんか?

 

どれだけ働いても給料はほとんど変わらないのに、

とにかく会社の利益を1番に考え生きているか死んでいるかわからないような目をして、

働いている人のことですね。

 

でもその洗脳にかからなかった1部の人たちでさえ働くのが嫌になっても、

明日もまた会社にいってしまい、がんばって仕事をするわけです。

 

やりたくもない仕事を死ぬまでずっと・・・

自由な時間なんてほんのわずかで、せっかくの休日も寝て終わり。

 

本当なら仕事なんかせず、好きなことを時間も気にせずに思う存分やりたいはずですし、

家族や友人など大切な人と過ごす時間をもっと大事にしたいはずです。

 

それなのに、そういった自由な時間よりも、

やりたくもない仕事をしている時間が人生の大半を占めているなんておかしいと思いませんか?

 

あなたもこのおかしなシステムには気づいておられるはずです。

 

で、ここからが本題なのですが、

「何かがおかしい」と思っていても、どうして多くの人はサラリーマン人生を選んでしまうのか?

 

それは僕たちはこれまで就職する生き方しか教わってこなかったからです。

 

考えてみてください。

 

僕たちは学校を卒業するまでに先生から言われ続けていた言葉があると思います。

 

  • 来年の今ごろにはもう働いてるんだよ?
  • そんなんじゃ就職なんてできないよ!
  • 社会に出て通用する人間になりなさい!

 

こんな感じの言葉をあなたも言われたことがありませんか?

 

もうお気づきになられましたよね?

 

僕たちは学校教育で、使いやすくて都合のいい立派な従業員になるための教育をうけてきたんです。

 

だって学校なんかで、「起業するためのノウハウ」や「お金の稼ぎ方」などはいっさい教えられず

に、「将来は経営者になりなさい!」とアドバイスをくれる先生もいなかったはずです。

 

先生のほとんどは雇われてお金をもらうことしか知らないわけですから当然なのかもしれませんが、

親や先生に言われたことを疑いもせずに信じてしまえば、

「就職することが正しい」とよほど意志がつよい人でなければ、そう思ってしまいます。

 

つまり「起業するのはリスクが高いからサラリーマンこそが安心の道なんだ」と多くの人が思っていることですから、

親が経営者や資産家でもないかぎりは先生と言うことはおなじだと思います。

 

そして言われた通りに流されて生きてきて、気がついたらサラリーマンになっていた・・・

 

僕もまさにこのような感じでした。

 

サラリーマンになりたかったわけでもなく、その生き方しか多くの人は知らないだけなんです。

 

だからこそ、嫌なことがあっても「仕事はそういうものだ」と自分に言い聞かせるかのように明日も会社へとむかうのです。

あなたがはっきり嫌と言わなければ、まわりに人生を決められてしまう

毎日どれだけがんばっても給料は増えない現実、大嫌いな上司と今日も仕事をしなければならない。

 

こんな日常が死ぬまでずっと続くなんて考えたら、

「働くのが嫌になった・・・」と思うのが当たり前なんです。

 

なので、そう思ったあなたが正常なのであって、

それでも働かなければ生きていけない世の中がおかしいのです。

 

でも、そんなことをまわりに相談したら「働くのが嫌になったなんてアイツはダメなやつ」、

という目で見られてしまうのが僕たちが生きるこの社会の実態です。

 

20代や30代などといった働き盛りの世代であればなおさらでしょう。

 

しかし、このままズルズルと今の生活をしていても、

あなたが嫌とはっきり言わなければまわりの人間にあなたの人生のすべてを決められてしまうことになりかねません。

 

たとえば、上司なんかにある日、

 

「キミ、来月から課長ね」

「来月から田舎に転勤してくれる?」

 

こんなふうにあなたの肩書きからなにまでぜんぶ会社に決められてしまうことになってしまうかもしれないんです。

 

確かに課長なんかに昇格したら給料はあがるでしょう。

 

でも役職手当の正体は1万円ほど、1日あたり約300円です。

 

1日の昼ご飯がちょっと安くすむ程度の昇給で、責任のおもい仕事を任され、今まで以上にいそがしくなる。

 

300円で割にあっていると思えるでしょうか?

会社はあなたになるべく安く、できるだけ長い期間を働いてもらいたいだけです。

 

さらに住む場所までも会社に決められ、

もし子供がおられるのだとしたら友達ともお別れしなければならなかったりと、

家族までもが会社に振りまわされることになってしまうんです。

 

よく「親の都合で転校ばかりの学生時代だった」という人がいますが、

それも親が会社に振りまわされた結果です。

 

なので本気で働くのが嫌になったなら、はっきり「嫌だ!」と言ってやりましょう。

 

人生を仕事で埋め尽くす人生から、全力で逃げ出しましょう。

 

ここまで真剣に読みすすめられるあなたなら、きっと大丈夫です。

働くのが嫌になったなら、働かなくてもいい生き方をさがせばいい

ここまで読みすすめていただいたということは、

人生を仕事で埋め尽くすつまらない人生から逃げ出すことを決意されたはずです。

 

つまりあなたは今日、

「働かなくてもいい生き方をする」という人生のゴールが明確になったということです。

 

ゴールが明確になったなら、あとは最適な手段を見つけて突きすすむだけですね?

 

旅行する場合でたとえるなら、

目的地(ゴール)が明確にわかっているからこそ、そこへたどりつくために最適な手段をえらびますよね?

 

飛行機で行くなり、新幹線で行くなり、または車で行ったりですね。

 

そのときの状況などにも合わせて、最適な手段で目的地へむかうはずです。

 

人生でもまったくおなじなんですが、多くの人は順番が逆なんですね。

順番が逆だからこそゴールが決まっていないのに先に手段(仕事)を決めてしまい、途中で迷子になってしまうわけです。

 

でも今日であなたは、もう迷子になることはありませんね?

 

それでは僕たちのゴールである、「働かなくてもいい生き方」とはどんな手段があるのか?

 

 

たとえば不動産投資などの家賃収入があれば、

あなたが働かなくても自動的に収入が入ってきますが、

それを始めるには莫大な資金が必要なのでやめておいたほうが無難でしょう。

 

つまり、不動産でなくとも資産をもっていればあなた自身が働かなくても、

あなたのかわりに働いて生活費を稼いでくれるんです。

 

ですが、月給20~30万のサラリーマンがいきなり莫大な資金を用意することはむずかしいですし、

リスクも考えると決しておすすめできるジャンルではありません。

 

なので僕たち一般人が資金を最小限におさえ、

リスクもなく始めることができるのがインターネットの力を借りたビジネスなんです。

 

必要なのは、パソコン1台とネット環境のみで失敗しても、多額の借金をおう心配もありません。

 

20年以上前であれば、

 

  • サラリーマンとして安定した生き方をするか?
  • 生きるか死ぬかで起業するか?

 

この選択肢しかなかったかもしれませんが、時代は恐ろしいスピードで変化していっています。

 

でも相変わらず多くの人は、いまだにこの2つの選択肢のなかで生きています。

 

どんな生き方をするかは人それぞれの考え方しだいなので、

僕がえらそうに口出しできる立場でないことは十分理解しているつもりです。

 

ですが時代の変化に乗り遅れて、どんどんまわりにおいていかれるのだけは、

なんとか避けたいものです。

 

こちらも合わせてどうぞ。

サラリーマン人生に疲れてしまったあなたへの手紙

3000円相当の書籍が特典として無料で読めます。

書籍の無料配布は予告なく終了する場合がありますので興味があればお早めに。