アフィリエイトを家族に反対されたからってあきらめるな!

アフィリエイトで脱サラをするために
  • どうせ稼げずに失敗するって
  • お前はすごい人じゃないだろ!
  • サラリーマンのほうが安心だって
  • アフィリエイトって何それ?怪しいんじゃないの?

 

これは僕がアフィリエイトに挑戦しようとして家族に相談したとき、実際にいわれた言葉です。

「賛成はしてくれないだろうなぁ」とある程度は予想はしていましたが、まさに予想通りの答えが返ってきたと思います。

 

このページにたどり着いたあなたも、

アフィリエイトに挑戦したいけど、家族に反対されてるから・・・

と、あきらめてしまいそうなのかもしれませんね。

 

でもちょっと待ってください。

挑戦もせずに「家族に反対された」という理由であきらめてしまうのはもったいないと思うんです。

アフィリエイトで失敗するよりも、「あのとき、挑戦しておけばよかった」と後悔することのほうが怖いと思いませんか?

 

このページを読み終えたころに挑戦するか、しないかをもう1度だけ考えてみましょう。

それでは数分ほどお付き合いください。

アフィリエイトを家族が反対する主な理由

なぜアフィリエイトに挑戦することを家族が反対するのか?

その理由としては、以下のようなことが多いでしょう。

  1. アフィリエイトを「怪しい」と思っている
  2. ネットワークビジネスと勘違いしている
  3. 昭和の固定概念に縛られている
  4. 特別な才能がないと成功できないと考えている
  5. まったく知らない分野だからなんとなく反対している

 

なぜ反対するのか、その理由を家族にもし聞いたのであれば、

どれか1つは当てはまったのではないでしょうか?

では1つずつ詳しく考えていきましょう。

アフィリエイトを「怪しい」と思っている

僕も初めてアフィリエイトを知ったときは「なんか怪しいな」という印象をもってしまったのが正直な意見です。

でもそれは当然のことだと思うんです。

 

僕たちがアフィリエイトを知る前なんてのは、「お金は朝から晩まで働いて、苦労して稼ぐもの」という価値観しかありませんでしたよね?

それがいきなり「アフィリエイトならパソコン1台で会社に縛られず自由に生きることができる」と聞いたら今までの価値観が一気にこわれたことと思います。

それまでの常識からすれば考えられなかった「パソコン1台で自由にできる仕事」という、いかにもうまそうな話を無意識に「怪しい」と感じてしまうのですね。

 

もし自分の家族が、怪しいことに手を染めようとしたら反対するのは当たり前ですよね?

だとしたら、まずはアフィリエイトがまっとうなビジネスであることを説明してあげれば少しは考えを変えてくれるかもしれません。

ネットワークビジネスと勘違いしている

ネットワークビジネスとは、つまりネズミ講ですね。

商品をひたすら販売して支払ってもらったお金をまず大元にわたして、その1部を報酬として受け取ることができるといった手法です。

要は儲かっているのは大元だけで、中には友人に購入してもらおうと思って縁をきられたりする人もいる、詐欺に近い手法といえます。

それにたくさん売れば売るほど偉くなるみたいなピラミッド型の組織です。

 

すでにご存知だと思いますが、アフィリエイトはあくまでネットビジネスであって、

ネットワークビジネスではありませんよね?

 

ブログなどで訪問者におすすめしたい商品を紹介して購入をしていただいたら、その広告主から「紹介料」という形で報酬を受けとる、シンプルでまっとうなビジネスです。

それに組織ではなく、完全に自分1人で作業をするところもネットワークビジネスとはまったく違います。

 

でもアフィリエイトを知らない人からすると「商品を紹介する」というだけでネットワークビジネスと判断してしまうのかもしれません。

これも先ほどと同様ですが、家族の人にアフィリエイトについての説明をしっかりとする必要がありそうです。

 昭和の固定概念に縛られている

僕もつい最近までは、

  • お金は朝から晩まで働いて稼ぐもの
  • サラリーマンのほうが安心

 

こういった価値観をもっていた1人です。

 

アフィリエイトに挑戦しようとしているあなたなら、お分かりかもしれませんが、

これはあくまで昭和の固定概念でしかありません。

僕は現在(2020年)27才ですが僕たちの親世代は、まだまだこのような価値観をもっている人が多いように思います。

 

それにほとんどの人がサラリーマンとしてお金を稼ぐ方法しか知らないわけですから、自分とは違った生き方をすることに「なにかあってもアドバイスできない」という恐怖があるのかもしれませんね。

この場合は、時代の変化(インターネットが普及したこと)やあなた自身の考え(これからどんな生き方がしたいか)などについて、ゆっくり話し合うことがおすすめです。

特別な才能がないと成功できないと考えている

確かに成功するためには才能の有無も関係あるかもしれません。

しかし、考えてみてください。

今どんなに成功をおさめている人でも、

はじめから100%成功する保証があって挑戦した人いたと思うでしょうか?

 

実際にやってみなければ才能があるかどうかなんて分かりません。

特にアフィリエイトは、才能よりも継続力のほうが重要といわれています。

 

つまりアフィリエイトで成功した人は「才能があって成功した人」よりも成功するまで継続した人のほうが圧倒的に多いんです。

ところがほとんどの人は大きな挑戦をするとなると、やる前からあきらめてしまう人ばかりです。

 

繰り返しますが、やってみなければ才能があるかどうかは分かりませんし、実際にやってみて「自分には合わない」と感じたらやめればいいだけです。

まったく知らない分野だからなんとなく反対している

どうやら僕たち人間は、知らない分野を無意識に拒絶してしまう傾向があるみたいなんです。

 

つまりアフィリエイトを家族が反対する理由には、

「怪しい」などといった疑いの気持ちや、「それいいかも」という希望なども何もなく、

とにかくまったく未知な世界だからこそ無意識に拒絶してしまうことで結果、反対しているという可能性もあります。

 

たとえば自分の子どもが、

「オレ、お笑い芸人になる!」と言ったら、ほとんどの親は反対しますよね?

確かに、家族が自分にとって未知な世界へと挑戦することに不安を感じてしまうのは分かりますが、ただ「知らないから」というだけで一方的に反対するのは筋違いだと思います。

 

「夢を陰ながら応援する」のが本当の思いやりだと個人的には考えています。

それでも家族に反対された場合の対処方法

ここまでは、なぜアフィリエイトを家族が反対するのか?

それとして考えられる主な理由とそれについての対処方法をお伝えしてきました。

 

それでも反対されたら、

  1. あなたの決意をあつく語る
  2. アフィリエイトのメリットを伝える
  3. 結果を出せるまで内緒でおこなう
  4. 会社の給料だけに頼る危険性を伝える

 

実際に僕がおこなった事例も含めて、あなたにお伝えします。

 あなたの決意をあつく語る

  • なぜアフィリエイトをやろうと思ったのか?
  • アフィリエイトを成功させたらどうしたいのか?

 

もしかすると、あなたの本気が伝わっていないからこそアフィリエイトに挑戦することを反対しているのかもしれません。

だとしたら、あなたが「絶対にアフィリエイトで成功させてやるんだ!」という決意を語るなどして本気であることを家族に伝えるのが有効です。

 

僕の場合ですが、

  • 27年間、勉強や部活もすべて中途半端に終わって本気で何かに打ちこんだことがないからアフィリエイトこそ全力でやりたい
  • 成功したら会社に縛られない自由な生き方をして、大切な人たちにだけ会いたい

 

といった決意がありました。

とにかく、中途半端な覚悟ではないと説得しましょう。

本気な人のことは、なぜか応援したくなるものです。

アフィリエイトのメリットを伝える

アフィリエイトはパソコンとネット環境があればすぐに始めることができたり、

初期費用もほとんど必要ない、などメリットがたくさんあります。

 

特にサラリーマンが副業として始めるなら、もっともおすすめなビジネスです。

 

ビジネスをやると聞くと「借金をかかえる」というイメージをもつ人が多いと思います。

繰り返しますがアフィリエイトは初期費用がほとんどかかりませんし、失敗したとしても多額の借金をかかえてしまうこともありません。

つまり、リスクなしということですね。

そのようなアフィリエイトのメリットや魅力なども伝えていきましょう。

 結果を出せるまで内緒でおこなう

もちろんですが、始めたばかりのころは結果なんて出せません。

結果が出るまではどうしても時間がかかります。

 

「人は結果で判断する」とはよく言ったものですが、アフィリエイトに関してこの言葉は理にかなっていると思います。

 

要はアフィリエイトを家族が反対する根本的な理由は、

どうせ結果を出せない、つまりは稼げないと思っているからですよね?

 

であれば稼いだ結果を見せられれば、納得せざるを得ないということ。

 

僕も内緒で始めましたし、アフィリエイトをやるために実家をでて1人暮らしまで始めたほどです。

やっぱり家族と暮らしていると内緒で日々、作業をしていくのはハードルが高いでしょう。

たとえば、夜中に何時間もパソコンの前に座ってポチポチと何かしているなら怪しまれますよね?

 

もしあなたが何らかの事情があって実家を出れない、もしくは結婚されていて1人暮らしはできないという状況で内緒でアフィリエイトを始めるなら、

かなりの工夫が必要ですしむしろその場合、内緒でおこなうのは難しいかもしれません。

会社の給料だけに頼る危険性を伝える

いまは大手企業でも当然のように倒産したり、コロナウイルスのせいで収入が減ってしまったりとお金の不安がますます大きくなっていく時代です。

そもそも安定した職業など、この世に存在しないんです。

 

その意味では会社の給料だけに頼ったり、国に期待するだけなのは死活問題です。

もう老後の年金生活なんて崩壊していますし、どれだけがんばっても通帳の残高はふえていかない。

貯金ができない・・・それはサラリーマンの給料は1か月をなんとか食いつなげる程度だからですね。

 

年金にも期待できない、給料も上がらない、貯金もできない。

これで「危険」以外の言葉があるでしょうか?

 

インターネットで起業のハードルが下がったこと、それでこの危険な状況なら、

アフィリエイトで収入を上げようと考えるのはかしこい選択なんです。

 

だからこそ、会社の給料だけに頼るのは危険しかないということを家族に伝えましょう。

責任が自分にあるなら家族の許可は必要ない

あなたがすべての責任を自分で負う覚悟があるなら本来、家族の許可は必要ないと思います。

ビジネスを行っていく以上は、すべてが自己責任です。

 

その意味でも、もし失敗したりトラブルが起きてしまってもすべて自分で責任をとるおつもりなら、あなたの判断で始めていいんです。

もう僕たちは子どもじゃありませんし、自分のお金でパソコンなども買ってアフィリエイトを始める準備をするなら家族であってもとやかく言われる筋合いはありません。

 

実際に作業するのは僕たちですし、

もしやらなかったとして将来、後悔するのも僕たちです。

 

どっち道すべてが自分に返ってくるなら、いま行動しないのが1番の失敗かもしれません。

アフィリエイトを家族に反対されたからといってあきらめるなら、その程度の覚悟だったということ

少しキツイ言い方になりますが、アフィリエイトを始めることを家族に反対されたからという理由であきらめてしまうなら、あなたの覚悟はその程度だったということです。

もし本気なら、家族に反対されただけではあきらめないはず。

 

たとえば「この人と結婚したい!」と本気で思っていたなら、家族に反対されただけでカンタンにあきらめますか?

本気ならば、なんとかして納得させようと必死になるはずです。

 

アフィリエイトを始める場合もまったく同じです。

家族に反対されてカンタンにあきらめてしまうなら、結局は本気でやる覚悟がなかったということなんです。

つまり家族のせいにして「やらない理由」を作ろうとしているだけです。

 

・・・と、ここまでキツイことを言ってしまいましたが、あなたなら大丈夫なはずです。

それはもうアフィリエイトを家族に反対されても、挑戦する覚悟が決まっているということですね。

そうでなければ、ここまで読みすすめていないと思います。

 

アフィリエイトは怪しいものなんかじゃなく、まっとうなビジネスであり僕たちのような一般人が自由になれる可能性がある唯一の道です。

コツコツと自由にむかって歩いていきましょう。

他人の意見で自分の本当の心の声を消してはならない。

スティーブ・ジョブズ

こちらもあわせてどうぞ。

脱サラするための無料メール講座

3000円相当の書籍が特典として無料で読めます。

書籍の無料プレゼントは予告なく終了する場合がありますので興味があればお早めに。