【アフィリエイト】でライバルと差別化するために

ビジネスノウハウ

あなたがこれからアフィリエイトを行うなら、

ライバルが多数いる状況からのスタートになることは間違いありません。

 

近年、副業が解禁されたこともあり、

アフィリエイトに参入する人がどんどん増えてきているので当然といえます。

 

僕もあなたもアフィリエイト業界では後発組ですが、

そのなかでライバルとの差をつけ、稼いでいくためにはどうすればいいのか?

 

アフィリエイトだけでなく、すべてのビジネスにいえることですが、

ライバルと同じことをしていては、ライバルと同じ結果になるだけです。

 

さらにお客さんには、「僕たちから買う」以外にもたくさんの選択肢があるので、

そのたくさんの中から選んでもらうためには、ライバルとの差別化を図る必要があるのです。

アフィリエイト業界にライバルが増えている理由

冒頭でもお話したように、アフィリエイトを始める人は増えてきています。

 

とくに2020年は新型コロナウイルスから各企業が大ダメージをうけ、

多くの人が解雇されるという事態が起こりましたね?

 

その影響もあり、

「会社からの収入1本だけなのは危険」という恐怖が人々の頭をよぎりました。

 

確かにいまは大手企業でも当たり前のように倒産する時代ですし、

会社の給料に依存したところで、1か月をやっと食いつなげる程度の給料しかもらえません。

 

いまの時代はインターネットが主流になったことで起業するハードルは昔よりも、

あきらかに低くなっています。

 

その意味では、

「副業でアフィリエイトを始める」という選択は正しいと思います。

ライバルと同じことをしても稼げない

ここまでは、アフィリエイト業界にライバルが増えてきている理由についてお話してきました。

 

アフィリエイトとは、

あなたがお客さんにおすすめしたい商品やサービスを、あなたのブログなどを経由して購入されると、

広告主から、

「紹介してくれてありがとう」という感じで報酬がもらえる、割とシンプルなビジネスです。

 

確かにアフィリエイトは、

このようにシンプルなビジネスなのですが、

商品を紹介する記事を書けば、稼げるんだなというあまい考えで参入する人が多いんです。

 

そして、ここからが重要です。

 

たとえばあなたが、「筋トレ器具」をネット通販で購入しようとしているとします。

 

その場合、この誰かも分からない個人ブログから購入したいと思うでしょうか?

 

インターネットでの販売をおこなえば、世界中の人たちがお客さんになります。

 

ひと昔前ならターゲットは、お店の近くに住んでいる人だけだったかもしれません。

 

その可能性に気がついた大手企業は当たり前のようにインターネットでの販売をおこなっています。

 

つまりは誰かも分からない、信用もない個人のブログから買うよりも、

すでに有名で信用もある、大手企業のブログやサイトにアクセスしたほうが、

迅速&確実はわけです。

 

ここまで真剣に読みすすめてくださったのならお分かりかと思いますが、

そういった趣味系の商品を紹介した記事をいくら量産しても、

大手企業が検索トップを独占しています。

 

それに今日アフィリエイトを始めたばかりの人のブログは、

信用の意味でも、ドメインの強さでも勝てるはずがないのです。

 

さらに、あなたが紹介しようと思った商品は、

すでに他のたくさんの人が紹介する記事を書いてしまっている可能性がたかいです。

 

繰り返しますが、アフィリエイトを今から始める場合はライバルが多く、

そのほとんどは、「商品を紹介する記事を書くだけで稼げる」という考えで参入します。

 

つまり多くの人は、みんなと同じことやっているんです。

 

だからこそ、あなたもその他大勢の人たちと同じことをしてもアフィリエイトで稼ぐことは困難ですし、

大手企業をさしおいて、検索上位に記事を表示させることはもっと困難です。

相手に好意を持たせることでライバルとの差別化が可能

ここまで読みすすめたあなたは、

やっぱりアフィリエイトで稼ぐのはライバルが多いし、ムリなのか・・・

と、そう思われたかもしれません。

 

でも、決してそんなことはありません。

 

これまでお伝えしてきたように、

アフィリエイトをビジネスとして考えておらず、あまい考えで参入する人がほとんどです。

 

つまりはビジネスの本質を学んでいない人たちですね。

 

学校や社会では、当然ですがビジネスのことは教えてくれません。

だからこそ、自分から学ぼうとしない以上は身につくはずがないのですね。

 

だとしたら、あなたはこれからビジネスを本格的に学んで、

知識を習得していけばいいだけですよね?

 

確かに「商品を紹介する記事を書くだけ」という、みんなと同じことをやっても稼ぐことはできません。

継続すれば、稼げるようになるかもしれませんがサラリーマンが副業で始めるなら、

それまでに挫折してしまう可能性のほうがたかいでしょう。

 

僕たちのような後発組が、アフィリエイトこれから稼ぐためのたった1つの方法、

それは商品ではなく、あなた自身を売ることです。

 

つまり、あなたの思想や価値観をブログで発信していくということ。

 

そうすれば、あなたと似た価値観をもった人たちが集まってきます。

 

その人たちは、あなたに少なからずの好意をもっています。

 

これこそがライバルと差別化を図る、唯一の手段です。

ライバルより先にしかける

あなたがこれからアフィリエイトで、どんな商品を売っていくとしても、

「ライバルが1人もいない」ということはありません。

 

先ほどもお話したようにお客さんには、僕たちから購入する以外にも、

たくさんの選択肢があります。

 

その中で、僕たちをえらんでいただくには、

やはりビジネスの本質を学ぶことが必須です。

 

そこであなたにクロージングの心理技術21より、僕が学んだ、

あなたのお客さんたちがライバルにセールストークされる前にしておくべき、

ある重要なことをお伝えします。

 

それは、お客さんに予防接種をすることです。

 

つまりはライバルたちが、お客さんに言いそうなことを予め把握しておき、

ライバルより先に伝えることで、

お客さんに、あなたが紹介する商品を購入することは、「正しい選択」であると思っていただくように、

仕組まれたものです。

 

その予防接種の流れが、

  1. ライバルが仕掛けてくる攻撃へ警告を発する
  2. あなたの商品に弱い攻撃を与える
  3. 強力な防衛策を考えだす

 

1つずつ詳しく見ていきましょう。

ライバルが仕掛けてくる攻撃へ警告を発する

まず最初に、あなたのお客さんにこの市場で起きていることを話します。

 

たとえばアフィリエイト教材を売っていくなら、

  • 詐欺まがいな教材を売っている人がいる
  • お金儲けだけが目的の高額塾が存在する
  • うその実績で集客しようとしている人がいる

 

このように、あなたのお客さんが詐欺にあわないために、

予め警告をしておくわけです。

 

実際にアフィリエイト業界には数十万の高額な教材のわりに、

中身がすっからかんだったり、でたらめなノウハウが書かれていたり、

そのような教材を売っている人がいるんです。

 

だからこそお客さんが、今あなたから買おうとしている商品に比べて、

あきらかに劣る商品を別の販売者が買わせようと宣伝をおこなっているということを伝えます。

あなたの商品に弱い攻撃を与える

もちろん、すべての販売者が詐欺まがいな教材を売っているわけではなく、

しっかりと生きたノウハウをまとめた教材を販売し、

まっとうなビジネスをおこなっている人もいます。

 

でも、あなたがお客さんに警告を発することで、このような心理状態になります。

 

  • 警告を発しているからには、この人は正しいのだろう

 

つまり、「お客さんはこれまで間違った選択をしてきたのです」と伝え、

それがいかに不当なものであるか話します。

 

そうすることで、お客さんはライバルに対して防御的になり、

あなたの側に立ってくれるでしょう。

強力な防衛策を考えだす

今では多くの人がSNSを利用していますね?

 

そこで、あなたのライバルたちは、

大量の札束の画像をアップしてお金持ちアピールしたり、

タワーマンションに住んでいるなど、豪華な生活ぶりをSNSに投稿したりして、

あなたから見込み客を奪おうとしてきます。

 

  • 初心者が今からアフィリエイトを始めても稼げません
  • これからはSNSで稼ぐ時代
  • 初月で100万、稼いだノウハウを教えます

 

このように、おいしそうな話を持ちだして、

あなたの見込み客を、自分のほうへ取り込もうとするのです。

 

でも、あなたがこれから、まっとうなビジネスをおこなっていくおつもりなら、

これはチャンスなんです。

 

お客さんへの予防接種、最後のステップは、

ライバルのうさんくさい宣伝に対して、このように伝えましょう。

 

「初心者がこれからアフィリエイトを始めても稼げないと謳う人たちがいますが、

たとえば、今から新しいラーメン屋をひらくことは不可能・・・となるでしょうか?

なりませんよね?

日本のどこかで、今日も新しいラーメン屋がオープンしているはずです。

つまりビジネスを真剣に学んでいけば、いつ始めるかは関係ないのです。」

 

 

「今では確かに多くの人が利用しているSNS・・・

その意味では、集客に向いている部分があるのかもしれません。

でもSNSには、ヒマつぶしが目的でひらいている人がほとんどだと思います。

つまり、同じ趣味の人とコミュニケーションをとってみたい、などですね。

そういった人たちは、そもそも購買意欲がつよくありませんし、

それ以前にSNSでアフィリエイトすることを禁止としているASPが多く、バレたら即退会の処分をうけます。

いずれにしても、アフィリエイトで本格的に稼いでいくならブログで集客をねらうことが、

本来の方法であり、まっとうなやり方です。」

 

 

 

「アフィリエイトで稼ぐには、ブログ記事をたくさん書いたりする必要があります。

サラリーマンが副業でやるなら、作業できる時間はかぎられていると思います。

さらにブログがGoogleに認知され、検索エンジンにも評価されるまでは3か月~半年くらいかかります。

そして、なによりビジネスは信用が第一です。

つまりお客さんに信用してもらい、稼ぐための仕組みを構築するだけでも数か月はかかってしまいます。

その意味で考えると、初月で100万を稼ぐなど不可能ですし、あるとすれば詐欺くらいでしょう。」

 

 

このように、あなたのお客さんにライバルの宣伝にたいしての、

強力で具体的な防衛策を伝えるのです。

 

心理テストによると、攻撃に対してより積極的な防衛手段をとる人こそが確固たる立場を守りぬくことができる、

ということがあきらかになっています。

 

あなたが常に正直で、力強い言葉で警告を発していれば、

お客さんはあなたのお話に耳を傾けてくれるでしょう。

 

ライバルの宣伝にたいして、その影響力を弱めることができる材料を提供することが、

ここまでお伝えしてきた、「お客さんに予防接種をする」こと最大のコツとなります。

アフィリエイトはこれからも稼ぐことができる

ここまで読みすすめられたあなたは、

真剣にビジネスを学び、アフィリエイトに取りくんでいかれるおつもりだと思います。

 

ちまたでは、「アフィリエイトはもう稼げない」といった声が飛びかっています。

 

でも、それはビジネスの本質を学ばず、作業がめんどうになって投げ出した人たちです。

 

確かにネット上では、

アフィリエイトは商品を紹介する記事をかいて稼ぐというやり方が主流です。

 

無料で誰でも入手できる情報だからこそ、ほとんどの人が同じやり方をしているのです。

 

繰り返しますが、みんなと同じことをしても、同じ結果になるだけです。

 

だからこそ僕たちはビジネスを真剣に学び、

ブログでは自分自身を売っていき、ライバルとの差別化を図っていきましょう。

 

あなたがもしサラリーマンで、副業としてアフィリエイトを始めるなら、

本業をこなしながら記事をかいたりする大変さはよく分かります。

 

でも毎日2~3時間でもコツコツと作業すれば、仕組みはいずれ整いますし、

その日やった作業がムダになることはありません。

 

こんな時代だからこそ、会社にただぶら下がっているのは危険です。

 

アフィリエイトは僕たちのような一般人が人生を変えるためには唯一の手段かもしれません。

 

中途半端な気持ちでアフィリエイトに参入したライバルは、

ほとんどが3か月もすれば去っていってくれますから、僕たちはコツコツとがんばっていきましょう。

 

これから初めてビジネスを学ぶ、という人は、

クロージングの心理技術21は絶対に読んでおいた方がいい書籍です。

 

読んでいくうちに、

  • なるほどな!
  • この戦略はあのテレビCMでも使われていたものだ!

 

と、驚きの連続になると思います。

 

 

こちらもあわせてどうぞ。

脱サラするための無料メール講座

3000円相当の電子書籍を無料でプレゼントします。

電子書籍の無料プレゼントは予告なく終了する場合がありますので興味があればお早めに。

プロフィール

名前:三上

1993年生まれ。

 

18才まで→中学、高校と人間関係に失敗し、どちらも部活を途中で退部。(人付き合いが怖くなる)

19才→流されるがままに生き、なんとなくで地元の専門学校に進学。

21才→新卒でブラック企業に就職し、上司からのパワハラで1年ちょっとで退職。

22才→人生で2度目の就職。

23才~25才→生活費のために働く毎日を過ごす。

26才→自分のこれからの人生を真剣に考えはじめ、1人暮らしを開始。

27才→「これまでの人生で何も本気で取りくんだものがない」と気づき、アフィリエイトで成功することを決意。

 

もっと詳しいプロフィールはこちらからどうぞ

電子書籍プレゼント

プレゼントを受け取るメールアドレスをご入力ください。

アンケート