男は強くあるべき、そして常識を疑う。

男は強くあるべきです。

なぜかって?

弱い男には何も守れません。

時として、自分すら守れません。

もしあなたが、自分の意見をまっすぐに言えないような性格ならなおさらです。

自分を鍛えて強く大きく強固にすることで自信がついていきます。

傲慢な性格になれとは言っていません。

人は優しく愛を持って行動するべきです。

しかし、この世の中にはそんな人がどのくらい、いるのでしょう?

世の中には自分勝手で、傲慢で、冷たくて嫌な奴が大量にいます。

相手の生命エネルギー、やる気などを吸い取るヴァンパイアみたいなのもいます。

それらに負けないためにも身を守るために、強くあるべきです。


あなたに大切な人はいるでしょうか?

例えば、不良やキチガイに絡まれたときに、恋人を守れるでしょうか?

相手が3人とかでも恋人を逃がすくらいの時間稼ぎすらできないような男。

かっこよくないですよね。

体が弱いと事故した時も死にやすくなります。

鍛えるしかないでしょ!!!

だからといって、重いダンベルなどを使って筋肉を大きくしろとは言っていません。

いや、したい人はすればいいんですけど、世の中には知らない人が多い…

ダンベルやベンチプレスなど、ジムでよくある器具を使うことで、

体を傷つけ弱らせている事実を。

ジムで片手で懸垂をしている人を見ますか?

おそらく、器具で鍛えた筋肉では自分の体重すら思うように動かせません。

器具で鍛えた足、果たして片足でスクワットが何回できるのでしょうか。

恐らく、筋やらいろいろ切れるでしょうね。

健康的な体じゃないと、強くなっても意味がないですよ。

もし、器具を使って筋肉をどうしても大きくしたい!

って人は、まず自重トレーニングを極めてからにしてください。

そうですねぇ、

極めるといっても、何をなしたら極めたことになるかはわからないので、

指標として、片手懸垂20回、片手腕立て伏せ20回、片足スクワット20回。

これらができるようになったら、そこらのジムにいるような人たちよりは強靭な体を持ってるといってもいいのではないかな?

これらができるようになったら身体も強く丈夫になっていますし!


人間は見た目に固執するところがあります。

確かに、見た目も大事だと思います、

しかし内面、物の本質よりも大事なものなんてないです。

ステロイド、プロテイン、肉など必要ないです。

CMやら雑誌やらTVやらyoutubeに騙されてはいけないですよ。

今あなたの持っている常識を疑いましょう。

では、これからは私と一緒に頑張って強い身体に改造していきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする