健康的に痩せるには筋トレしかない

今回のテーマは健康的に痩筋せるには筋トレしかないです。


健康と医療ランキング

なぜ、筋トレなのか?

想像してみてください、

ウエストは細くなったけど、お肉はたるんたるんで引き締まってないウエストを!

んで、筋肉がないと、リバウンドしてしまう可能性がとても高いのです。

なぜなら、代謝が低いと動いていない間に燃焼される脂肪が少ないのです。

逆に、代謝が高いと寝てるだけで痩せます。


まず、どこの部位を筋トレするのか?

それは ”可能な限り全て” です。

上半身、下半身の、あなたが行うことができる筋トレです。

例えば、あなたが怪我をしていて運動が難しい場合は、

無理に動かすのはよろしくないです。

そうでないなら、できるだけ全身をトレーニングしましょう。

例えば、腕、腹、胸、足、首、背中、手などなど。

首は、ちゃんとした知識がないと危ないです。

しかし、首は大事な場所ですので、トレーニングしたほうがいいです。


そして大事なのが自分の体重で行うことです。

重りを使った筋トレはNGです。

ダンベルとか、10キロの服とか、。

まぁ、この話については今度詳しく記事にしますが、

簡単に言うと体を壊し、体を無駄に大きくします

ですので、自分の体重だけでトレーニングをしましょう。

まぁ、筋トレ器具を買うとしたら、懸垂棒がオススメです

むしろ買ってほしいくらいです。

懸垂棒があれば全身をくまなくトレーニングできますし、

効率もいいです。

あと、服とかもかけれますし(笑)

以下参考画像

f:id:MIKAMI2525:20190505131632j:plain

物置き部屋ですので散らかっています(笑)

このロープは握力を鍛えるために使っています。

あと、手前のところに白色で膨れ上がっているところも握力を鍛えるやつです(笑)

バスタオルなんかもかかっていますね(笑)

だいたい1万円から2万円で購入できますので、ぜひ買いましょう!

あ、ステマとかじゃないですから!

ホントに私が行っているトレーニングは懸垂棒ありきな奴ばかりなので、、

でも、懸垂棒を使うにはある程度の筋肉が発達してきて使いこなせるので、

まずは腕立て伏せなどの簡単な奴から筋力を向上させていきましょう。

↓ちなみにこの懸垂器具がおすすめです↓

私はこれを使っていますが、安くて丈夫で必要最低下のものしかないのでオススメです。

8000円くらいです。

ぶら下がり健康器 懸垂マシン パワータワー 多機能筋力トレーニング 耐荷重150kg 懸垂 器具 筋肉トレーニング チンニングスタンド マルチジム ぶらさがり Safly Zone (セフレィゾーン)


ちなみに、私はヴィーガンで食事の内容のほとんどが炭水化物です。

納豆まき、じゃがいも、カレー、豆腐などが私の主食です。

白米なんか、一日で3合は食べています。

んで、寝起きにはガリガリの宇宙人みたいになってます(笑)

以下参考画像

f:id:MIKAMI2525:20190505132307j:plainf:id:MIKAMI2525:20190505132311j:plain

寝起きなので髪がぼさぼさです(笑)

すごいガリガリで宇宙人みたいじゃないですか?(笑)

筋肉は大きくないです、そのせいでガリガリに見えちゃいますね(笑)

ですけど、片手で腕立て伏せと懸垂ができるくらいには筋力があります。

筋肉の大きさ=筋力がある   ではないのです!

ではどうやって筋力を上げるのか?

それは”たくさんトレーニング”をすることです。

超回復?んなもん肉食者の餌にしてしまえばいいのです。

筋力を上げるコツは反復、暇ができたら筋トレです。

私は懸垂が1度もできませんでした、

しかし、何度も挑戦していくうちに1回できるようになりました。

それから何度も1回の懸垂を何度も1日にしました。

んで、今現在は連続で20回くらいは懸垂ができるようになり、

片手で懸垂を挑戦してみたところ、意外とできたのです。

あ、ちなみに私は毎日全身を筋トレしています。

今は握力の鍛えすぎで手がボロボロになってしまったので

握力の筋トレはしていませんが…。

現在、筋肉を大きくするトレーニングに移行しています。

皆さんも、今日から変わりましょう。

↓筋トレにプロテインは必要ない。↓

http://mikamiblog.com/2019/05/22/post-151/

↓自重トレで筋肉を大きくする方法など↓

http://mikamiblog.com/2019/05/12/post-100/


健康と医療ランキング





全般ランキング
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする