日本国憲法の話。

日本国憲法の話をしていきます。

日本人として、知っていて損はないと思います!

得をするかは知りませんが(笑)

日本国憲法の一部を軽く載せます。

「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、

われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、我が国全土にわたって

自由のもたらす恵沢(けいたく)を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないようにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、

この憲法を確定する。

そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、

その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。

これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくものである。」

「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないようにすることを」

この一文が日本は平和主義だということを表していますねぇ。

あ、ちなみにいうと、法律より、憲法のほうが強いです!

つまり、憲法に違反した法律を作った場合は取り消されるということですね。

んで、この文章に使われる「自由」とは「基本的人権の尊重」を表しています。

まぁ、法律の文章って堅苦しくって感じが多いし、わかりにくいですけど、

第三者に説明されると大したことなかったりするんですね!(笑)

たいしたことじゃないでしょ!

はい!次の文章!

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則に従うことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立とうとする各国の責務であると信ずる。日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う、

ここで使われている「主権」の意味は3つあります!

まず1・国政の最高決定権を有している
その2・最高独立性がある
その3・統治権を有している

の三つですねぇ。一般人が主権という言葉を聞いて、

この3つの意味なんて思い浮かびませんよねぇ(笑)

ちなみに、「国家」という定義ですが3要素あります

その1・領域
その2・国民の存在
その3・中央政府

となっております。

そして国の最高法規は日本国憲法81条の違憲立法審査権です!

意味は簡単に言うと、法律や行政行為が憲法に違反していないか審査する権限!

てな感じです。

先ほどもちょろっと言いました、憲法に違反している法律を取り消せるあれです!

ち!な!み!に!

これよりも重要なものがあります。

それは13条の個人の尊重です!

まぁ、僕の個人を尊重したらずっと布団の中で寝てますけど・・・・(笑)

これを阻止する憲法があるんですねぇ。。。。。

糞があああああああ!!!

「日本国憲法に規定されている国民の義務」
・納税の義務
・勤労の義務
・教育を受けさせる義務

国に金を入れろ!働け!勉強しろ!

これらが法律よりも強い最強の憲法様の意思です。

世の中くるってるじぇ。

あ、ついでに日本国憲法の三大原理も書いておきます。

その1・基本的人権の尊重
その2・平和主義
その3・国民主義

↑この三大原理より大事なのが13条の個人の尊重です!

憲法の話は今回はここまでにします。

ご清聴ありがとうございました。

初めての法律の話をしましたが、次はもっとわかりやすく説明して見せます!

あ、ちなみに「ご清聴」と「ご静聴」の違いは

「ご清聴」は他人が自分の話を聞いてくれることを敬って言うこと

「ご静聴」は話を静かに聞くこと

ではお疲れさまでしたm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする