一番楽な死に方(自殺)

今回は一番”良い”死に方について紹介します。

”良い”とは?

・死ぬときに伴う痛みや苦しみの少なさ

・大がかりな準備を必要としない手軽さ

・死んだ後の見栄え。

・死後にできるだけ他人に迷惑をかけない、

などなど

これらをトータルして考えて

”良い”死に方について紹介する。


首吊り自殺

自殺するのにこれ以上の方法がないくらいにベストな方法。

一般人が実行できる自殺の中では一番、安楽で、手軽。

死後の見栄えもいい、飛び降り自殺や電車に飛び込んだするより。

そして首吊りの良い所はまだある。

それは未遂率が極端に低い。

他の自殺の方法だと死ねないことがよくあるが、

首吊りの場合はヒモが切れない限りは死ねる。


ヒモの選び方

ヒモを選ぶ際はできるだけ柔らかいものを選ぶこと。

首にフィットしてからみつくような物。

固いワイヤーなどで首を吊ろうとしたら…

首が切り落とされることがあるらしい

それ以外に注意することはあまりない。

ベルト、ビニール袋、コードなどなど。


死ぬ気がないなら絶対にしてはいけない

首吊りは冗談でもしてはいけない。

少しでも体重をかけて首を吊ったら意識が飛んで死ぬ場合がある。

それくらいに簡単に死ねる。

息ができなくなって苦しいとか、痛いとか感じる前に意識が飛ぶ。

格闘技の絞め技で”落とされる”のと似ている。

少し気持ちいいとか…?


首吊り自殺の死後の見栄え

首吊り自殺した後の最悪の見栄えを言うと、

眼球が飛び出し、目からは血が噴き出し、

糞尿をたらして射精し、舌が飛び出し、

顔は鬱血して紫色に変色している。

しかし、こんなに酷いケースはまれである。

死後何日か経過しないと目は飛び出すことは少ないし、

舌は歯にひっかければ出にくい。

事前にトイレに行き用を足して自慰でもすればOK。

それでも心配ならオムツでも履いて

口にティッシュでも詰め込んでガムテープで止めとけばいい。

終わり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする