効率よく記憶する方法

今回は効率よく記憶する方法について書いていきます。

どんな方でも記憶力があったほうが全てにおいて捗ります^^

では、さっそく!

効率よく記憶する方法をいくつか紹介していきます!

声に出して読むこと

五感を使うことで脳に深く印象を刻むことができ、暗記がしやすくなります。

声に出して読むことはこの原理を使っています。

つまり、読んで視覚だけを用いるのではなく、読むことで、視覚、

そして、聴覚を使うことできるのです!

さらに、話すということは、脳を非常に使う動作のため、それも付随効果として、

暗記力をさらに高めることができるのです。

なので話すだけで、

話す、聞く、見る、の五感のうち3つも使うことができてお得ですね^^

エビングハウスの忘却曲線を用いる

ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスの実験なのですが、

以下の画像を見れば分かると思います。
f:id:MIKAMI2525:20190604080049p:plain

f:id:MIKAMI2525:20190604080155p:plain

と、まぁ簡単に言えば、復習をしろってことですね。

復習を重ねるごとに、曲線が緩やかになっています。
つまり、復習すればするほどだんだん記憶が定着し、だんだん忘れにくくなります

たくさん復習をして記憶を定着化させましょう

あとは、睡眠と栄養のある食事です。

まぁ、これは言わずもがな!ってやつですね。

記憶には脳みそを使うので、栄養がない覚えられません。

そして最後に、私のおすすめの記憶方法を紹介します。

速読でごり押し&常識化するまでエンドレス

これはなかなかしんどいかもしれないですが、かなりお勧めです。

まず、これにはボールペンなど書くものは必要しません

どんな方法かというと….

参考書の1ページを短時間で何回も読みまくります

これだけです。

例えば、赤信号は止まる。

これって常識ですよね?

これの域まで読んで理解させます

例えば、

「本国憲法 第13条は、日本国憲法の第3章にある条文で、個人の尊重、幸福追求権及び公共の福祉について規定し、第11条・第12条とともに、人権保障の基本原則を定めている。 」

これを常識化するまで読むのです。

声に出さなくていいです、回数が遅くなるので。

例えば、国家資格の勉強となると、

何百ページの参考書を覚えて理解しないといけませんよね?

その量を書いて覚えて明日も書いて覚えて、とやるのは少しばかりしんどい・・・

ですので、例えば10ページを3日間で100回読むと、どうなるでしょう。

バスの中、電車の中でも読めます。

まぁ、人によりますが、、、

私はこの方法で勉強してからは5年近く勉強にペンを握ったことはないです(笑)

以上で今回のお話は終わります。

勉強法は人に合う合わないがありますので、ゆっくり見つけてください^^

他にも記事を書いているのでよかったら見てください

本気で肌を綺麗にしたい人限定

健康と医療ランキング まず、肌をきれいに本気でしたいと思っている人に話すことがいくつかあります。 それは ・食生活 ...

筋トレにプロテインは必要ない

http://mikamiblog.com/151/




全般ランキング
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする